Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

新年のお色直し

P1040493.jpg P1040497.jpg

250TRの純正サイドカバーはどの車体色でも黒です。
ちなみに前後の純正フェンダーはタンクとは微妙に違う白ですね。
「黒は引き締まって見える」とかのメーカー説明がありましたが、
その理由はコストダウンに他なりません(笑)。
実際に安価な無塗装のPP(ポリプロピレン樹脂)のパーツだし。
なのでこのサイドカバーの塗装に取り掛かることにしました。

塗装にあたっては「時間がかかる」のと「失敗したら・・・」があるので、
念のためにヤフオクでスペアパーツを物色しました。
専門の解体業者さんが片側3500~5000円くらいをつけている中で、
左右セットで2000円ちょっとで出品している方を発見!
どうせ塗装するのだから多少の傷は構わないので迷わず落札しました。

PP(ポリプロピレン樹脂)は表面の密着度が低いために塗装は大変です。
実際にPPは塗装を前提とした箇所に使われることは殆どありません。
今でこそPP用の直接塗れる塗料もありますがまだまだ高い・・・ので、
通常の市販PPプライマー(接着剤)を使用します。

カラースプレー(勿論缶スプレー)の選択も悩みどころです。
ウレタン塗料の方が良いのは百も承知なのですが、
値段に負けて通常のアクリルラッカーを使用します(笑)。
Kawasakiの純正色の白(Polar White)も安価には手に入らないので、
タンク色よりも若干色の入ったミルキーホワイトを塗るコトにしました。

プライマーが入るために塗装行程は通常より1層多い4層になります。
ペーパーでFRPの時よりも丁寧に表面を足付けしてから、
プライマー・白サフ・カラー・クリアーの順に、
時間をかけてゆっくりと塗って行きます。
普段は雑な塗装しかしない僕にしては随分と手間がかかってる(笑)?

作業開始から3週間くらいで取り敢えず完成です。
果たしてちゃんと密着してて剥がれて来ないかどうかは、
今後の経年劣化を見て行くしかありませんね。
裏側を軽く爪でこすったくらいでは大丈夫そうですが・・・。

ご存知な方も居らっしゃるかもですが、
僕は一度CBを白に全塗装しようかと目論んだことがあります。
青外装を手に入れたことによってその計画は流れましたが、
奇しくもTRで白いバイクを実現することになってしまいましたね。

  1. 2008/01/20(Sun) 01:02:00|
  2. 250TR
  3. | コメント:2
  4. | Edit
右足の理性 | ホーム | チビは喜び庭駆け回り

Comment (Thanks!)

白いサイドカバー、いいですね(^o^)
BIG-1も白赤カラーのサイドカバーが黒なので、
白くしている方が多いですね。
コストダウンだったとは・・・(>_<)
作業開始から3週間ですか!
根気ありますね。
せっかちの私は3時間後には装着したくなっちゃいます(^_^;
だから塗装は嫌い(笑)
  1. |
  2. 2008/01/20(Sun) 14:06

黒いパーツはコストダウンの賜物(?)が多いですよ。
塗装は根気との戦いですね。いかに薄くゆっくりと塗装を乗せて行くか。いかに乾燥時間を確保するか。僕もせっかちなので良く失敗してます(笑)!
  1. |
  2. 2008/01/20(Sun) 14:17

コメントの投稿