Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA JAPAN with Whole Lotta Led Love.

since 2003/01/18
Home |  What's Tarbow |  Guest Book |  Admin

FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
mixi
(1307442)
Twitter
(Tarbow13)
FaceBook
(tarbow13)

これは博打ですらない

ouka_01.jpg ouka_02.jpg

「櫻花(おうか)」と言うとても美しい名の飛行機があります。
そのスタイルもとても綺麗な形をしています。
大日本帝国海軍が終戦間際の1944年に開発した戦闘機なのですが、
一度空へ放たれたら再び着陸するための機構(車輪とか)を持たない、
機首に多量の火薬を詰めた人間特攻ミサイルだったりもします。
人間が操縦桿を握って誘導して敵艦に体当たりする戦闘機ですね。
専門に開発されて実用化された航空特攻兵器としては、
世界唯一の存在なのだそうです。
終戦時までに750機が製造されたそうです。

ただ実際の命中精度としてはとても低かったそうです。
「櫻花」単体での航続距離は37kmしかなかったために、
「一式陸攻24型丁」と呼ばれる改造機にて敵艦近くまで運び、
そこから切り離して発進するという方法をとっていたのですが、
余りに重い「櫻花」を積載した「一式陸攻24型丁」の運動能力は低く、
敵艦載機グラマンの迎え撃ちに遭うのがオチだったとか・・・。
「櫻花」と出撃することは母機乗員にとっても死にに行くようなもので、
実際に母機乗員も特攻隊員扱いだったそうです。

ouka_03.jpg

その「櫻花」は記録によると合計10度に渡る出撃の結果、
櫻花パイロット55名とその母機の搭乗員368名の戦死者に対して、
確実な戦果としては沖縄戦において駆逐艦撃沈1隻と、
その他駆逐艦数隻に損傷を与えただけなのだそうです。
作戦に参加した方の「これは博打ですらない」と言う発言も頷けます。
けれどもその唯一撃沈したアメリカの駆逐艦は、
「櫻花」が命中した瞬間に艦体中央部が粉々に消し飛んで真っ二つに折れ、
一瞬で沈没させる事が出来たのだそうですが・・・。

やはり狂気の時代・・・だったのでしょうかね。
現代の基準で評価してはイケナイのかなと思います。
けれども今でもイスラムでは自爆テロが行なわれています。
この「櫻花」や「神風特攻隊」はその象徴ともされているみたいです。
逆にキリスト教の文化圏では自爆攻撃は理解不能であり、
それを可能とする人種の存在そのものが恐ろしくもあるそうです。
だからブッシュはあそこまで頑なになるのでしょうかね?
でも人の不幸の上に立つ平和はいつかは脅かされます。

今年もまた桜の花の季節がやって来ますね。

  1. 2008/03/03(Mon) 11:19:39|
  2. 社会問題・三面記事
  3. | コメント:7
  4. | Edit
TRよ何処へ行く? | ホーム | FAJに失望・・・

コメントありがとうございます

日本が過去に行った太平洋戦争は二度と
起こしてはならない過ちだと思います。
総力戦になったときに、どうやって負けるかを
早急に見極めるべきだった。
戦争に出向いた先輩達や散っていった英霊達を誇るわけでもなく否定しかできない戦後の教育やマスメディアは、彼らと同罪ではないのかと思います。ナショナリズムの欠落した日本人をみるとそう考えることがあります。
ここんとこの幕末ブームはもう一度日本のことを考え直す良い機会ではないかと…。
しかし「回転」もそうですが「櫻花」とは素晴らしいネーミングセンスですよね。
美しく儚い。
  1. |
  2. 2008/03/04(Tue) 21:54

回天でした。すみません。
  1. |
  2. 2008/03/04(Tue) 21:57

桜の季節が近付くと妙に思い出すんですよね。本当に美しい飛行機だと思いますよ。名前もスタイルも。でもその存在はあまりに悲しい。
  1. |
  2. 2008/03/04(Tue) 22:03

そんな美しくて哀しい名前を持った飛行機のこと、初めて知りました。
Tarbowさん、教えてくれてアリガトウです…
それにしても、「博打ですらない」なんて!
当たったって、いい事ないじゃん。
死んじゃうじゃんか(;_;)
  1. |
  2. 2008/03/05(Wed) 23:16

僕の日記で火がついてしまいましたでしょうか^^;
第二次大戦の日本、独の悪さを取り立たされる事が多いですが、人類の歴史を辿ると、それは侵略略奪の歴史でもあるのですよね。
それは遥か昔のローマ時代でも同じ。
今は直接血こそ流す事は少ないけれど、精神の根底にあるのは結局同じの様に思えます。
経済戦争もしかり、○○競争と言うのは、結局は相手を打ち負かし自分が生き残ること。
そこには死ぬよりも辛い仕打ちを受ける人も多くいます。
よくよく考えると、現在の方が陰湿な類の戦争に変わって来ているという見方も出来ます。
皆殺し的精神が根底にあるキリスト教。
自分の考えと違う者は女子供だろうと皆殺すという・・・。
お国の為に自分の命をささげろと言われた、あの時代の日本人。
(今で言うと会社の為に命掲げろと言うことでしょうか??^^;)
どれが正しくてどれが間違っているのか。
考えれば考えるほどフカミにハマって行きます・・・汗
  1. |
  2. 2008/03/06(Thu) 00:10

> あけあけさん
確かに当たったっていい事無いけど、でも櫻花乗務員は発射された時点でもう助からないから・・・。
  1. |
  2. 2008/03/06(Thu) 08:35

> ゴルコムさん
なのでせめて自分だけでも「ちょっとでも人より多く」「ちょっとでも人より早く」「ちょっとでも人より良いものを」を控えるようにしなきゃなと思うのです。ただ皆殺しは一度相手に戦いを仕掛けるからには必須ですよね。
  1. |
  2. 2008/03/06(Thu) 08:38

コメントの投稿