Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

喪中につき

mocyu019.jpg

年内も余日少なくなりましたが、
お変わりもなくお過ごしのことと存じます。

新年を迎えるにあたりご祝詞申し上げるべきでございますが、
喪中につき本年は勝手ながら欠礼させていただきます。
既に直接に御連絡を差し上げた方も居らっしゃいますが、
個人的には2年連続しての喪中になってしまいましたね。

徒然草だったかなにかの古典作品の中で、
死というものは人間の前にあるのではなくて、
後ろから来るのだということが書かれていたように記憶しています。
つまり人生は死というものに向かって歩んでいるのではなくて、
自ら歩む速度を落とした時に追いついて来るものなのだと、
僕は勝手に解釈しています。
そんなことを思い返したりもする今日この頃・・・。

いっそうのご自愛のほどお祈り申し上げます。

**********

こんな喪中ハガキも可愛いけど、
実際に出すのはさすがにマズイんだろうな・・・。

  1. 2007/12/03(Mon) 09:25:00|
  2. 雑記
  3. | コメント:6
  4. | Edit
WP装着! | ホーム | 雪遊びをしに北海道へ!

Comment (Thanks!)

明るくてイイね!このハガキ
大人の世界じゃ通用しないかもだけど
子供が喪中を知るには最高
  1. |
  2. 2007/12/04(Tue) 09:00

二年連続とは大変だね...お疲れさまです...
方丈記の「死は前より来たらず、かねて後ろに迫れり。」ですかね。
知らず生まれ来る人、何方から来りて、何方へ去る。
まさに言い得て妙ですな。
しかし、「96歳で...」とかの喪中ハガキもらう度に、不謹慎ながら「あたしこんなに生きちゃったらドーシヨ~....」なんてげんなりしちゃったりもします。
てきとーが良いなあ。笑
  1. |
  2. 2007/12/04(Tue) 09:01

> 神寺さん
何が起こったかが一目瞭然で。
でも文面が固いかなとも。
> こんてさん
2年連続だけど見送る方は楽だったかも。
徒然草ではなくて方丈記でしたか。
さすが文学少女!
  1. |
  2. 2007/12/04(Tue) 10:26

二年連続の喪中とは、それは大変でしたね。
では、《寒中お見舞い申し上げます》と
年明けにはお声掛けしたいと思います♪
新年は内々で軽くお祝いするという事で、
どうぞ心静かにお過ごし下さいね・・・
  1. |
  2. 2007/12/04(Tue) 12:42

カラーの喪中ハガキって、すごぃですね。
わたしも高校の同級生から喪中ハガキを戴いて。
「父が87歳で永眠・・・」
と書かれていて、びっくりしました。
この若さでお父さんを亡くされた、というショックと、
お父さんが87歳!?というショックと。
わたしの父は、まだ60代です。
  1. |
  2. 2007/12/04(Tue) 12:48

> seapineさん
チビなんかは関係ないから年賀状出せるんだけどね・・・って思ったら、今は個人情報保護法とかで先生とかクラスの人とかの住所が解らないんだって!
> ひなさん
しかも茶色いウサギさんは赤いドレス着てるしね!
  1. |
  2. 2007/12/04(Tue) 16:23

コメントの投稿