Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

他人の振り見て

mistake_003.jpg

「人の振り見て我が振り直せ」と言う有名なことわざがあります。
「あの人は他人の陰口ばかり言ってる」なんて陰口を言ってしまっているのであれば、
このことわざを肝に銘じておく必要があるかも知れませんね。

学校や職場に限らず人間社会で周りを見回すと、
おそらくは何らかの面での「イタい人」がいらっしゃるのではないでしょうか。
けれども残念なことにそのような方々の多くは、
ご自身がそう見られていることに気付いていないものです。

という事は・・・!?
もしかしたら自分にもその「イタい」面があるのかも知れません。
どうすれば良いのでしょうか。

世の中で常識とされているものの殆どは、
先人が長い時間をかけて積み上げた模範集です。
中には古くて硬すぎる考え方もあるかも知れませんが、
それに従っておけば問題は少ない手法だったりします。

そうであれば先ずは常識を逸脱しないこと。
これだけで殆どの「イタさ」は回避できるのではないでしょうか。
そのためには常識を知らなければなりませんし、
理解して身に付ける必要もあります。

けれども過去の常識に捉われていると、
新しい発想は生まれないともされます。
そこで「自分のルール」が必要となって来るのですが、
それは周りからすると違和感を覚えるものだったりするかも知れません。

つまりはこの2つの合わせ技なのでしょうね。
世の中で言う常識から逸脱をする行為をする場合には、
周りから「イタく」見られるリスクがあると認識することです。
当然に自分の方こそ将来の常識になるとの自負はあるのでしょうが。


  1. 2019/11/13(Wed) 06:24:42|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit
学校行事 | ホーム | 樹林の想い出

Comment (Thanks!)

コメントの投稿