Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

台風への備え

img_0352.jpg

台風への備えでお忙しくされている方もいらっしゃることでしょう。
千葉の被害状況を見て窓ガラスが割れないよう工夫されたりもしているかもですが、
窓ガラスに直接テープを貼り付けるのは、
飛散防止にはなるけど逆にガラスとしての強度は弱くなるのだとか!?

面積によっても違うようですがデータとしては5mmのガラスが耐えられる風圧は、
・ 何も貼らない:5400パスカル
・ 米の形に貼る:3800パスカル
・ 井の形に貼る:4000パスカル
・ 全面積貼る:4200パスカル
なのだそうです。

科学的な理解はチンプンカンプンなのですが、
ガラスは一方向から力が加えられるのにはある程度耐えられるけれど、
複数方向から力が加わると途端に弱くなるのだそうです。
風圧で加わった力に対してテープによる別の力が加わると弱くなるのだそうです。

なので風でガタガタしている窓ガラスを手で押さえた瞬間に、
窓ガラスが割れてしまったりもするそうです。
複数方向からの力が加わってしまった状況なのですね。
何とも難しいですが覚えておけば良いのでしょうかね。

でま窓をどうやって守ればよいのでしょうか。
一番良いのは雨戸のように外側にベニヤ板などを貼ることなのだそうですが、
難しければ段ボールを窓枠に貼るだけでも十分に効果があるそうです。
飛散防止はカーテンを閉めておくだけで随分と違うそうで。



  1. 2019/10/12(Sat) 00:08:23|
  2. 季節・自然・エコロジー
  3. | コメント:0
  4. | Edit
晩酌? | ホーム | 大いなる勘違い

Comment (Thanks!)

コメントの投稿