Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

平均のまやかし

average_015.jpg

「平均的には」などと言う「基準らしきもの」が示される場合があります。
自分がそれに近いと「周りもそうなんだ」と、
妙に安心してしまったりもするものです。
けれども格差社会に突入したと言われる日本では、
この平均に誤魔化されることもあるようで・・・。

格差の際たるものは「お金」です。
身長や体重であれば最大値にも限度がありますが、
お金の最大値は無限大です。
年収400万円の人と年収2億円の人の平均は1億200万円ですが、
こんな平均示されても意味ないですよね?

国の機関やシンクタンクなどから、
「資産(貯金)や所得(収入)の平均」が出されることがありますが、
その数値の高さに違和感を覚えることは無いでしょうか?
現在の日本では資産も所得も格差が大きくなり過ぎているために、
平均値を使うと誤解を招きやすくなる典型ですね。

平均値というとそれより多い人(世帯)と、
それより少ない人(世帯)が同じぐらい存在すると受け止められがちですが、
超高額資産家や超高額所得者が平均を引き上げているために、
実際には平均値よりも資産や所得がある人は、
半数よりかなり少ないのだそうです。


  1. 2019/09/12(Thu) 06:54:49|
  2. ミクロ経済学
  3. | コメント:0
  4. | Edit
フリーランス契約 | ホーム | 千の風になって

Comment (Thanks!)

コメントの投稿