Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

バルザック

Honore de Balzac

「あらゆる人智の内で、結婚に関する研究が一番遅れている」とは、
19世紀フランスの喜劇作家である、
“オノレ・ド・バルザック(Honore de Balzac)”の名言です。
好色家でも名を馳せた方ですね。

そもそも「結婚はするのが当然」としつつも、
「結婚とは何たるか」が判っていないのが人間です。
結婚してから「結婚とは何かを知らなかった」と頭を抱え込んだりします。
だから人生の葛藤や矛盾がずっと続いてしまうのですね。

その「結婚はするのが当然」みたいな価値観が崩れつつもある今日ですが、
「子孫を遺す」と言う人間の本能と、
「結婚」と言う後付けの形式が上手く融合しないまま来ているところへ、
今度は「個人の権利」が大きく被さって来ているのかも知れませんね。

一方でバルザックはこうも言っています。
「孤独はいいものだという事を我々は認めざるを得ないけれども、
孤独はいいものだと話し合う事のできる相手を持つことはひとつの喜びである。」
何とも絶妙ですね。

このバルザックですが、
写真ではかなり貫禄がありますが51歳で早世されています。
大食漢の美食家で糖尿病を患い晩年は失明してしまったようですが、
豪快に人生を生き抜かれたのでしょうね。


  1. 2019/08/18(Sun) 07:04:16|
  2. Youth Support
  3. | コメント:0
  4. | Edit
ステッカー工房 | ホーム | LEDライト

Comment (Thanks!)

コメントの投稿