Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

過激な人口減少

2065.jpg

少子高齢化が叫ばれて久しいものがありますが、
ここにきて「少子高齢化」の結果としての「人口減少」が、
目に見える形として明らかに表れてきています。
特に顕著なのは生産年齢(15~64歳)人口の減少ですね。

「国立社会保障・人口問題研究所」発表(2018年3月)の将来推計人口によると、
2015年には12,709万人(生産年齢人口60.8%)とされる日本の総人口は、
2025年には12,254万人(生産年齢人口58.5%)、
2035年には11,522万人(生産年齢人口56.4%)、
2045年には10,642万人(生産年齢人口52.5%)、
2055年には9,744万人(生産年齢人口51.6%)、
2065年には8,808万人(生産年齢人口51.4%)にまでと、
長期の人口減少過程に入ると推計されています。

人類がかつて経験したことのない、
もはや過激とも言えるレベルの高齢化ならびに人口減少にどう対応して行くのか。
大切なのは現実から目を背けず直視し続ける事なのでしょうね。


  1. 2019/07/05(Fri) 06:44:21|
  2. 社会問題・三面記事
  3. | コメント:0
  4. | Edit
国民の三大義務 | ホーム | いちごーろく

Comment (Thanks!)

コメントの投稿