Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA JAPAN with Whole Lotta Led Love.

since 2003/01/18
Home |  What's Tarbow |  Guest Book |  Admin

FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
mixi
(1307442)
Twitter
(Tarbow13)
FaceBook
(tarbow13)

国民の三大義務

kenpou_229.jpg

権利ばかりを主張される人がいらっしゃいますが、
憲法には国民の義務も定められています。
「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」ですね。

教育に関しては「憲法26条」に権利と義務が記載されています。
 1項 すべて国民はひとしく教育を受ける権利を有する
 2項 すべて国民はその保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う
「1項」は子どもの権利で「2項」は保護者への義務ですね。
ここでは間違っても「子どもが学校へ通うのが義務」とは言っていません。

勤労に関しては「憲法27条」にやはり権利と義務が記載されています。
 1項 すべて国民は勤労の権利を有し義務を負ふ
対象が同じなので条文も1つに纏められていますね。
社会保障を受けるためには仕事をしろと言うことですね。
逆に言うと働きもせずに権利ばかりを主張するなとなるのでしょうか。

納税に関しては「憲法30条」に義務のみが記載されています。
 1項 国民は法律の定めるところにより納税の義務を負う
税金は法律によって定められるとする「租税法律主義」ですね。
「納税は権利」とする説もありますが明記すべきほどでは無いと言うことなのかな。
これだけ何故に主語が「すべて国民は」となっていないのでしょうか?


  1. 2019/07/04(Thu) 06:25:36|
  2. Politics
  3. | コメント:0
  4. | Edit
時間の不思議 | ホーム | 過激な人口減少

コメントありがとうございます

コメントの投稿