Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

運指の勉強

fingering_002.gif

ピアノで言う運指(うんし)とは鍵盤を弾く時の指使いのことですね。
クラッシックピアノの楽譜を見ると運指(指番号)の指定がされています。
運指は演奏に於ける作法の一つと言うか、
決められた運指を守るのがクラッシック音楽の暗黙のルールです。

運指は基本的に1フレーズで完結します。
何事もそうですがゴールを決めてから考えると全体像が見えてきます。
なのでそのフレーズの最後の音をどの指で終わらせるかをまず考えます。
あとは如何に滑らかに指を運ぶかですね。

fingering_001.jpg

例えば黒鍵は基本的には親指では弾かないことです(コード弾きは別です)。
なので黒鍵から始まるフレーズは人差し指か中指から始めるとスムーズに行きます。
親指をくぐらせる(またぐ)のは中指が定番です。
当然ながら運指は手の大きさによっても違って来ます。

運指が決められていない曲の場合はただひたすら何度も繰り返し弾くよりも、
先ずは運指を考えて楽譜に書き込んでから、
正しい指使いで練習をした方が、
案外とマスターが早かったりするものです。


  1. 2019/05/19(Sun) 07:20:44|
  2. なんちゃってピアニスト
  3. | コメント:2
  4. | Edit
なんちゃって雪駄 | ホーム | 義務教育とは(その1)

Comment (Thanks!)

指づかい

そうなんですよね。
守れていない私は、この記事が
グサグサ刺さりました(笑)
弾きやすさやフレーズの繋がりなど
ちゃんと考えられているのですね!
  1. |
  2. 2019/05/19(Sun) 12:58

我流

> もんも先生!
僕も我流です。
でも再開してからはなるべく守るよう、
意識してみてます。
  1. |
  2. 2019/05/19(Sun) 13:53

コメントの投稿