Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

司法の策略

carlos_003.jpg

クリスマス直前に東京地裁が、
カルロス・ゴーン氏の勾留延長を認めませんでしたよね。
これって日本の司法の仕組みが正常に機能していることを、
国外に示すポーズだったんですかね。
何だかそう思えてきました。

カルロス・ゴーン氏がどう抗おうとも、
何らかの罪で起訴されるのは必至でしょう。
その時に有罪判決となっても、
日本の検察庁と裁判所はグルではない・・・と、
少しはアピール出来ますよね。

国際的な悪者(?)は検察庁が引き受けて、
「でも裁判所はまともだし国としてもまともなんだよ」って思わせる。
そんなストーリーに思えてならないです。
果たして考え過ぎなのかどうか?
だからってカルロス・ゴーン氏の肩を持つ気はありませんが。


  1. 2019/01/05(Sat) 00:35:54|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit
勝ち続ける事 | ホーム | 幸楽苑の詭弁?

Comment (Thanks!)

コメントの投稿