Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

光在る処に影が在る

a0113732_20155043.jpg

自転車通勤の先人より、
「夏場は日陰を選んでのんびりと走るべし」との訓えを頂いたので、
意識的に日陰を選んで走ってみました。

道路交通法上自転車は車両扱いなので一般的には車道を走ります。
僕も普段は車道の左端を走っています。
けれども僕の朝の通勤は概ね北方面に向かって走るので、
道路の左側は建物の影が少ない・・・ので、
日陰を選ぶためには右側の歩道を走ることになります。
車道の逆走はアウトなので!

僕の通勤経路は殆どが街中なので、
試してみた結果概ね9割程度は日陰を走れることが判りました。
けれども歩道は凸凹が多く当然に歩行者優先なので、
車道を走るよりもかなりペースが落ちます。
必然的に「のんびり」が果たせてしまいますが、
勤め先の会社までの所要時間は車道利用の際の倍近くかかってしまいました。

一番の日照り区間は、
ゼロックスからポートサイドヴィラまでのみなとみらい大橋ですね。
感覚的に300mくらい?
でも朝は若干の下りなのでゼロックスの日陰で気合を入れて速度を上げておくと、
日向は殆ど漕がずにポートサイドヴィラ側の日陰まで辿り着けましたよ。


  1. 2018/07/21(Sat) 00:00:21|
  2. LGS-MV 5FS
  3. | コメント:0
  4. | Edit
土用の丑の日 | ホーム | 予行演習

Comment (Thanks!)

コメントの投稿