Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

無血革命

Willem_III.jpg

改革には犠牲が伴うものです。
現状を許容したままの改革はありません。
どんな改革でも先ずは古い仕組みを取り除くことが必要となりますが、
そもそも排除される側にしてみれば迷惑以外のなにものでもありません。

抗争を伴わずに権力が委譲されることの例えとして無血革命と言う言葉が使われます。
けれども血を流さないのは「新しい世界を形作る側」です。
実際に1989年の名誉革命でもジェームズ2世は王位から追放されていますし、
カトリックは現在でもイギリスでは異端扱いされたままです。

社会でも同様に全体の平和などは夢物語で、
改革による犠牲者が生まれます。
名誉革命と違うのは殆どの場合その犠牲は支配者側にではなくて、
先ずは弱者の既得権益を奪い取る方向に向けられがちなことでしょうか。

  1. 2018/01/22(Mon) 07:07:18|
  2. Youth Support
  3. | コメント:0
  4. | Edit
コンプライアンスの功罪 | ホーム | 妄想を認識する

Comment (Thanks!)

コメントの投稿