Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA JAPAN with Whole Lotta Led Love.

since 2003/01/18
Home |  What's Tarbow |  Guest Book |  Admin

FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
mixi
(1307442)
Twitter
(Tarbow13)
FaceBook
(tarbow13)

「原発ゼロ」政策の矛盾

d0174710_2305592.jpg

希望の党の公約に「原発ゼロ」があります。
これだけ聞くととても耳障りが良いです。
それだけで騙されちゃう人もいるかも知れません。
でもそれってどうゆうことなのか理解されてますか?
僕自身の理解も危ういので整理の意味を込めて・・・。

希望の党の党首である小池氏は以前から、
「日本の核武装の可能性について議論は排除しない」とされています。
つまりは「原発ゼロ」ではあっても「反核」ではないんです。
「核の平和利用はしない」としながら、
むしろ「核の軍事利用オプションは準備する」と言うお立場です。
蜘蛛の糸に群がる旧民主党の方々は核武装への可能性を理解されているのでしょうか?

もう一つの「原発ゼロ」政策の矛盾点は、
どうやってそれを実現させるのかが示されていない点です。
当然に実現させようとした場合の膨大なコスト負担にも触れていません。
「示せない」もあるのでしょうし、
「実現不可能」だからなのもあるのかな?

何故なら小池氏は「ゼロエミッション(排出ガスゼロ)」も掲げている点です。
「原発ゼロ」も「ゼロエミッション」もどちらも耳障りはイイです。
でももうお気付きですよね。
どうやって両立するんです?
再生可能エネルギーの開発なんて少なく見積もってもあと100年はかかります。
両立させる手法は人類は科学的に見出していないのです。

どうやって実現するのか、
街に立たれてるにわか候補者の方々にお聞きしてみたいですね。


  1. 2017/10/12(Thu) 00:02:42|
  2. Politics
  3. | コメント:0
  4. | Edit
秋にサクラサク | ホーム | First Suits

コメントありがとうございます

コメントの投稿