Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

AO入試の弊害

mimg-img.jpg

娘が志願しているAO入試の一次試験に合格したとの通知が届きました。
二次試験のためのレポートの提出期限まで1週間ちょっと。
突貫で仕上げないとです!
もちろん僕が一人で作成しているのではなくて、
娘と話しながら骨格を作っているくらいですが。

入試の選考に使われる提出物作成を親が手伝うのって
決して正しいことでは無いと思います。
けれども学校の先生が何度も添削をしたり、
塾や予備校が作成代行をしてくれたりするのが実態の様です。
言い方は悪いですが正々堂々と真正面からチャレンジする者が馬鹿を見るシステム?

自宅で提出物を作らせるから、
塾がその作成代行を商売にするなんて変な事になっているんです。
とは言うものの地方在住の高校生を何度も呼ぶこともできないでしょうから、
今後もAO入試制度を続けて行くのであれば、
学校側が短時間のプレゼンテーションや面接で、
学生の特性を見抜く技量を身に付ける必要があるのでしょう。

入学した学生にレベルのバラつきが見られるなど、
以前からAO入試は問題にはなっていました。
けれどもこれはAO入試で入学した学生自身に問題があるのではないですよね。
試験する側の大学が自分達の能力向上を怠っていたのが問題です。
瞬時に見抜く面接能力が無いことを自認しているからなのか、
書類選考に偏重しようとした結果の弊害でもあるのかも知れません。


  1. 2017/08/21(Mon) 00:11:15|
  2. にわか勉強
  3. | コメント:0
  4. | Edit
氷砂糖 | ホーム | 女子高生の折り紙

Comment (Thanks!)

コメントの投稿