Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

給特法

img_0048.jpg

給特法(昭和46年制定)とはその正式名称を、
「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」という法律です。
法律ってネーミングが謎なのが多いですが、
給特法ももうちょっと何とかできなかったのかなって思う代表例ですね。

この給特法第3条第2項で、
「教育職員については時間外勤務手当及び休日勤務手当は支給しない」と定められています。
これにより公立校の先生はブラック企業より劣悪だなどと言われています。
でもそうなんですかね?

「残業代が払われていない」とされる方々は、
「教職調整額」で給料の4%が追加支給されていることには触れません。
しかも元々の基本給が民間よりもかなり高く設定されています。
そもそも給特法を理解した上で公務員としての教職に就いているのだから、
ブラック企業とは全く異質だと思います。
問題視されている部活動の顧問だって、
教員を目指した時点でまさか自分だけは逃れられると思った訳ではないでしょう。
そこには暗黙の了解が成立していたと解釈するのがごく一般的な見解なのでは?

もちろん個々の先生方が頑張ってらっしゃるのは百も承知です。
泣き言を言う人はごく一部で、
殆どの方は法の趣旨を弁えられた上で職務にあたってらっしゃいます。
環境の悪さを問題視するにしても、
ブラック企業と同一視するのはちょっと違うと思うだけです。



  1. 2017/07/08(Sat) 07:11:05|
  2. 学校ってなに
  3. | コメント:0
  4. | Edit
リクルートスーツ | ホーム | 文句を言うのがアイデンティティ?

Comment (Thanks!)

コメントの投稿