Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

安全がリスク

zerosen211.jpg

失敗とかリスクとか怪我とかは、
若い頃に経験させた方が、
ダメージが小さく覚えるものですよね。

「無駄遣いはしちゃ駄目!」
「危ない事はしちゃ駄目!」
「そんなことしたら怪我する!」
そうゆう親心は判ります。
でもこれは「論理的な指導」ではなくて、
「親の感情」ですよね。

親が子供を危険から避けさせて育てると、
大人になって自分で行動するようになってから大きくやらかします!
大きくなってやられた方が、
ダメージは大きくなります!

自分でもそんなもんじゃなかったですか?
幼稚園児の無駄遣いは10円単位で済むけど、
小学生で100円単位になり、
中学生は千円単位になり、
高校生だと1万円単位に・・・。
何処の段階で「これは無駄遣いなんだ」と身を以て体験させるかです。
こうゆうのは「体験」が必要で、
どれだけ「言葉」で教え込んでも身に付きません。

リスクでもそうで、
走り回って転びまくっておけば擦り傷で済むけど、
自転車だと打ち身になり、
原付だと場合によっては骨折するようになり、
親にバイクを禁じられていきなりクルマを運転するようになると、
今度は操作を誤って人を殺めかねない・・・。
後になって体験すればするほど、
その代償が大きくなって行くものです。

人間関係なんてその最たるものです。
荒れた校風を避けさせる人がいますが、
社会の荒れ具合は学校が荒れてるのとは比じゃないですね。
逆に社会で受け入れる側からすると、
温室栽培されて来た人はホントに使えない・・・。



  1. 2017/05/29(Mon) 07:08:03|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit
健康診断? | ホーム | 悪魔の訓え

Comment (Thanks!)

コメントの投稿