Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

月と雲

moon_06.jpg

大抵の場合人は自分に利益のあることしか言わないものです。
言い方を換えると自分に不利益な事は認めようとしないものです。
これは仕方ないことですね。
ここから2つの事が言えるのかなと思います。

一つは「自分に利益のあることしか言わない」からと言って、
それを指摘したとしても受け入れたりなんかしないと言うことです。
触れて欲しくない部分を発していないのに、
そこをほじくり返しても揉めるだけです。

「だから言うだけ無駄」
「無駄な事はしない」
「無駄な事は考えない」
「自分の考慮からなくす」
「自分の意識からも消す」
こんな感じですかね。

もう一つは表面上の「言葉」を聞いても全体像は見えて来ないので、
垣間見える「部分」に一喜一憂したり惑わされないことです。
雲から一部だけ姿を現している月の見えていない部分は欠けているかも知れません。
月は自分の意思で雲に隠れたり欠けたりはしませんが人間はそれをする生き物です。
だからと言って見えていない部分を懸命にアタマで探っても正解は判りません。
そのためには月の満ち欠けと言う別の情報が必要です。

そんなんじゃ人付き合いなんて出来ないのかも知れませんが、
そもそも自分を曝け出そうとしない人と、
真剣に関わることに意味は無いですよね。
なのに何でそんなに他者に執着する人が多いのか?


  1. 2017/04/22(Sat) 07:14:12|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit
呑兵衛 | ホーム | 典座教訓

Comment (Thanks!)

コメントの投稿