Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

体制の論理

kids_039.jpg

世の中で起こっている事には、
多方面からの見方があります。
例えば学校で言えば、
子供の立場から見た場合と、
大人の都合から見た場合と。

「子供のために」
「奉仕の精神で」
「子供は将来の宝」
「一人一人の個性を大切に」

学校ではこんなスローガンを見かけますが、
これらは子供のためを思って掲げられているものでは無いですよね。
教員の立場を守るためです。
「自分たちはこんな崇高な思いでやってます」ってポーズです。

例えば会社では過重労働対策なんてのをやっています。
これは何のためでしょうか?
従業員の健康状態を守るためではありません。
従業員が健康を損なった際に会社がペナルティを受けるのを避けるためです。
絶対的な目標は組織のため。

一人一人の先生や人事担当者はもがいているのだと思います。
最初は理想があったのだろうとも思います。
けれども実態は違うし自分も生きて行かなきゃで、
やがて体制に組み込まれて行きます。



  1. 2017/02/08(Wed) 07:41:31|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit
チンクェチェント | ホーム | 大学病院

Comment (Thanks!)

コメントの投稿