Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

一つの成功事例

failure_01.jpg

「こんなに効果がありました!」なんて、
成功事例を掲げる広告がありますね。
でも一つの成功事例の裏には、
数多くの失敗が隠れているものです。

自分で裏で努力する場合には、
失敗は多い方が良いのかも知れません。
けれどもサービスやビジネスとして提供する場合に、
自責であれ他責であれ失敗の可能性があるのであれば、
大切なのは成功率になります。

アクロバティックなライディングの裏には、
1000回の転倒があったのだろうなと、
そんな事が垣間見えたりします。
でもこんなのは「頑張るなぁ」でイイんですね!

  1. 2017/01/15(Sun) 07:46:53|
  2. Communication
  3. | コメント:2
  4. | Edit
ウィルス撃退法 | ホーム | 変わらないものと変えるべきもの

Comment (Thanks!)

そうですよね。
英語生徒さんたちは、正解を言わないと!
と緊張しすぎて間違いを恐れ、何も言えなくなったりします。

間違ってもぜんぜんokなので遠慮なく言ってください、といつも言っています。
て゛もって、失敗して何度も挑戦してから覚えたい英語って、
実はずーっと忘れず身についてるんですよね!

最近の車とか、失敗しないようにしないように作ってあったりするから、
運転上手な人間が生まれるはずがないと思っています

矛盾ですよね
  1. |
  2. 2017/01/15(Sun) 14:08

転ばないと

> ねさまさん
転ばないと覚えないんですよ。
自転車もバイクも。
ブツケないと上手くならないんですよ。
自動車の運転も。
自分のことだったら、
積極的に失敗しないとですね。
  1. |
  2. 2017/01/15(Sun) 15:19

コメントの投稿