Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

高齢者の事故

135289.jpg

NHKの日曜討論会で高齢ドライバーによる交通事故の問題をやっていました。
でも議論の大前提が免許制度全体に及んでいませんでした。
高齢者だけを狙い撃ちにするのではなくて、
単純に免許の更新制度を改めれば良いだけなのではないでしょうか?

自主返納なんて踏み絵みたいな事はやめて、
免許更新の際に一律に能力試験(技能・学科試験)を実施すればよいだけです。
高齢者だけでは無くて全員に対して。
そうすれば技術の無いペーパードライバーも排除されます。
老人の狙い撃ちにはなりません。
技術も能力もあるのであれば、
高齢者と言うだけで免許を取り上げる必要も無いですし。

免許維持のハードルが上がれば自動車業界の猛反発があるかも知れませんが、
これであれば「実際に運転する人」は減らないので、
それほどはクルマの売り上げの減少にはつながりません。
一方で例えばディーラーが免許更新の際の能力試験を請け負えるようにすれば、
公務員を増やさずにより実効的な制度に替えらます。

「安全な街づくり」も、
自動ブレーキなどを含めた「くるま技術の進歩」も、
どちらも建設業界や自動車業界へ税金を流し込むための施策です。
「金をかけずに」も一つのポイントなのでは?




  1. 2016/12/12(Mon) 00:04:45|
  2. クルマ(その他)
  3. | コメント:0
  4. | Edit
成長 | ホーム | ダイエットではない

Comment (Thanks!)

コメントの投稿