Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

書き言葉の持つ意味

handwriting.jpg

例えばですが「それはだめ」を書き言葉にするとします。

(1) それはだめ。
(2) それはだめ!
(3) それはだめ(笑)!

正直言って僕はあまり使い分けていません。
特にスマートフォンの時などは、
予測変換で出て来た中から適当に選んでいます。
けれども受け取り手によってそれぞれニュアンスが変わって来ます。
発した側とは違う感じ方をすることも多いのかな?

こんな違いもあります。

(4) それはだめ。
(5) それはダメ。
(6) それは駄目。

これまた僕は殆ど使い分けていません。
気分に任せてるだけ?
しかもどんな気分だったらどれを使うとかの因果関係もありません。
仮に僕が使い分けたとしてもそれって所詮はローカルルールですね。
受け取り手がその通りに解釈することも殆ど無いでしょう。

  1. 2016/08/29(Mon) 07:31:33|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit
自分の弱さ | ホーム | 靴底の修理

Comment (Thanks!)

コメントの投稿