Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

ごんぎつねが撃たれたのは自業自得

img_0.png

小学校国語科教科書の定番に、
ごんぎつねがあります。
兵十との交わりを通じて、
心理描写を学ばせるものですね。

「ごんぎつねが撃たれたのは自業自得」
という感想を書く子どもが居るそうです。
当然に正されるようですが感じ方は人それぞれですよね。
何も間違ってはいません。

そもそも現代社会では、
つぐないをしたからと言って、
罪が許される訳ではありません。
それを身をもって体験している子どももいるでしょう。

本心を塗り替えて、
思ってもいない意見を無理やり出させるのが教育なのでしょうか?
でも国語は実際には思想教育にもなっているそうです。
こう感じるものだと決められているのですね。

先生が喜ぶ意見を自分でも気づかないうちに・・・って、
それが慣れっこになってしまって、
それしか出さない子がいるそうです。
とても可哀想です。

子どもの本当に感じたこととして、
出れば良いのに、
日本の教育はそれは許しません。
個性の尊重は建前に過ぎないのですね。

  1. 2016/08/26(Fri) 07:48:39|
  2. 学校ってなに
  3. | コメント:0
  4. | Edit
挫折を知る | ホーム | いざというとき

Comment (Thanks!)

コメントの投稿