Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

目を見ない

eye.jpg

「目は口ほどにものを言う」ということわざがあります。
その応用として、
「目に口ほどのものを言わせる」ことができるようになります。
目でものを言う最大のメリットは、
エビデンスが残らないという点にあります。
言葉だったら「そう言ったじゃないか!」となりますが、
目だったら勝手に解釈しただけです。

「相手の目を見て話しなさい」なんて教育がありますが、
これって何の為なんでしょうかね?
目は正直に表現をするから?
そんな事は無いですよね。
目だって嘘は吐きます。
逆に目をしっかりと見据えて話しているからといって、
本当のことを言っているということには全くなりません。

そもそも牽制機能が働かなければ、
悪いことも考えてしまうのが人間です
そして牽制機能は徐々に効かなくなって来るのです。
子供だったら最初は正直になるかも知れませんが、
繰り返すうちに目で嘘を吐く術を習熟して行きます。

「目を見て話しなさい」と言うのは、
むしろ目で嘘を吐く訓練になってしまっているのです。
それが社会性を身に付ける目的なのであれば、
その通りなのかもですが。

  1. 2016/08/17(Wed) 07:06:34|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit
JASRACの魔手? | ホーム | 白いジュリエッタ

Comment (Thanks!)

コメントの投稿