Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

棚機津女の伝説

tanabata.jpg

棚機津女(タナハタツメ)とは
7月7日に先立って村や町からひとり選ばれる巫女のこと

棚機津女として選ばれた女性は
7月6日に水辺の機屋(はたや)に入り
機を織りながら神の訪れを待つ

そのとき織り上がった織物は神が着る衣であり
その夜女性は神の妻となって身ごもり
女性自身も神になる

『日本書紀』では
瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の妃となる
木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)を
棚機津女として描いている

実際の棚機津女は
7月7日の夕刻までに織物を仕上げ
それを棚において機屋を出たという
7月6日に訪れた神は
翌7日の夕方に帰るとされていたから

このとき水辺で禊ぎ(みそぎ)を行うと
神は町や村に豊穣をもたらし
厄災を持ち去るといわれ
そこで祭祀が行われるようになった

  1. 2016/07/07(Thu) 07:11:52|
  2. 季節・自然・エコロジー
  3. | コメント:0
  4. | Edit
画像情報のリスク | ホーム | ハンムラビ法典(Code of Hammurabi)

Comment (Thanks!)

コメントの投稿