Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

羽子板選手権

hagoita_01.jpg

失礼ながら僕は全く存じ上げない方々だったのですが、
バドミントン界で有名な選手が違法カジノ店でバカラ賭博をしたことがバレて、
選手8人が無期限の試合出場停止などの処分を下されたそうですね。
個人的にはギャンブルはやらないのでバカラ賭博の魅力が判らないのですが、
公営ギャンブルじゃ満足出来ないものなのでしょうか?

でもこの処分って厳しいですかね?
勘違いされてる方も多いですがそもそも無期限とは永久と言う意味では無いです。
期限を定めないと言うこと。
逆に言うとほとぼりが冷めたらいつでも解除が出来るようにしてあります。
決めてるのは自分達バドミントン協会だから。
本人達はさておき復帰の道を残したい協会側の思惑ばかりが見え隠れです。
メダルが取れそうなのに惜しいって?

hagoita_02.jpg

あくまで外野の勝手な意見としてはですが、
スポーツだからどうこうって特別視しない方がイイんじゃないかと思うのです。
一般社会で考えれば社員が違法行為を行ったら解雇です。
バドミントン界が就職先であるならば、
バドミントン界から解雇するのが判り易いですね。
一般社会での同じ会社への復帰なんて有り得ないので。
だから羽子板選手権とかで復帰するなら別にイイんじゃ?

競技力のトレーニングはしてても、
人間力の醸成はされないものなんですね。
スポーツやってたから人間形成が出来てるなんて・・・成り立たないじゃん!

  1. 2016/04/12(Tue) 00:25:34|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit
視覚では無いインターフェース | ホーム | 他国の政治(その2)

Comment (Thanks!)

コメントの投稿