Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

不倫はコンプライアンス違反では無い

ladies_151.jpg

これでも僕は勤め先の会社でコンプライアンス教育に携わっているのですが、
良くある質問の一つに「不倫はコンプライアンス違反ではないのですか?」と言うのがあります。
「セクハラ」はもちろんアウトですが、
殆どの場合「不倫」はノープロブレムなんですね。

弁護士事務所とかの模範解答でも、
「仮に不倫の事実のみで処分をしたのであれば正当とは言えない」とあります。
組織の規律維持のために処分をする行為は、
訴訟を受ける可能性も考えられるので慎むべきだとか。

不倫とは不倫相手の配偶者に対する不法行為であって、
会社に対する不法行為ではありません。
当然に犯罪行為でもありません。
逮捕も拘禁もされません。

よって不倫だけをもって会社が対象者を処罰することはできません。
第三者がその行為に対して何らかの処分をすることは認められていないのです。
会社が服務規程で「不倫禁止」としていれば規程違反になるかも知れませんが、
それでも注意喚起する程度で許されると言うのが一般的解釈だそうです。

但し不倫行為によって勤務態度に問題が生じたとか、
相手を業務上でも明らかに特別扱いをしているとかだと別の問題もあります。
なので社内で不倫をされる場合にはこちらには気を付けられますように(笑)!


  1. 2016/02/29(Mon) 07:11:16|
  2. 雑記
  3. | コメント:0
  4. | Edit
追い出されて河津桜 | ホーム | 面接スキル

Comment (Thanks!)

コメントの投稿