Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

カルトの定義

4c749a5b4.jpg

少し過激なタイトルですが、
ネットに「組織運営」についての記載があって、
その中に「カルトの定義」というものがありました。
逆説的に「組織を運営するものはこれらに気を付けるべき」と言うことですね。
組織運営の手段として用いれば簡単だけど危うい手法だってコトなのかな?

カルト(Cult)の元々の意味は、
「正当な宗教に対する新しい宗教」という位置づけだったそうですが、
現在では「極端な(危険な、反社会的な)思想を持った宗教」という意味で使われています。
宗教とは関係なく極端な思想を持った団体でもカルトと呼ばれたりするそうです。

カルトの定義は下記だそうです。

01.真理や幸福は組織内にのみ存在し、組織を通してしか得られない
02.組織を通して与えられた情報や考え方は絶対であり、疑いを持つことは許されない
03.自分の頭で考えることをしないように指導する
04.世界を組織と外部とに二分する世界観を持つ
05.白黒を常にはっきりさせる傾向が強い

06.外部情報に対して強い警戒感を与え、信者の情報経路に様々な制限を加える
07.信者に対して偏った情報・偽りの情報を提供することがしばしばある
08.組織から離脱した人間からの情報に接することを禁じる
09.家庭や社会との関わりで多くのトラブルを生じている
10.社会からの迫害意識を持ち、それをかえってバネにする

11.外部に対して正体を隠す傾向がある
12.生活が細部にわたって規定される
13.組織が信者の生活のすべてになっている
14.共同体内部でのみ通用する言葉を多く持っている
15.組織からの離脱について極度の恐怖心を与える

カルトと言えばどうしても「オウム真理教」を思い浮かべてしまいます。
けれども「自己啓発」とか「ヒーリング(癒し)」とか「スピリチュアル」とか、
「リーディング(Leading)」とか「サークル」とか「NPO法人」とか「新らしい教育形態」だとか、
様々に形態を変えて我々の周りに存在しているそうです。
上記の15の定義のどれかに当てはまったら警戒しろってコトですかね。

  1. 2016/02/27(Sat) 00:55:31|
  2. 魔界思想
  3. | コメント:0
  4. | Edit
ドンガバチョ!? | ホーム | 追い出されて河津桜

Comment (Thanks!)

コメントの投稿