Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

フレアーナットレンチ

41pa+SxA9vL.jpg

通常のオープンエンドレンチ(スパナ)は、
正六角形のボルト(もしくはナット)の二面を挟んで力を加えます。
二ヶ所の角のみに力が加わるのでヘッドを舐めてしまいかねません。
なのでオープンエンドレンチはあくまで緊急用であって、
基本的には六ヶ所に力が加えられるめがねレンチかソケットレンチを使います。

けれどもそのめがねレンチやソケットレンチが使えない場所があります。
バイクだとブレーキホースをの取り付け部やバックミラーの根元のナットとかですね。
オープンエンドレンチでも作業できなくはありませんが、
舐めてしまうと交換パーツが無いのでそのまま・・・になっちゃうので、
そんな時はフレアーナットレンチなるものを使います。

フレアーナットレンチはめがねレンチから一面のみを取り除いた形状ですね。
その開口部からブレーキホースやバックミラーのステーを通してナットを回します。
六面全部とまでは行きませんが五面に力が加わってくれるので、
ヘッドを舐めてしまう心配なくトルクをかける事が出来ます。
世の中には何とも考え抜かれた工具があるもので!

  1. 2016/01/23(Sat) 12:36:08|
  2. バイク(その他)
  3. | コメント:0
  4. | Edit
ことばでのやさしさ | ホーム | 6度目の車検終了!

Comment (Thanks!)

コメントの投稿