Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

褒めて育てる?

Nation_01.jpg

「私は親にも先生にも怒られたことは無いので私に対して怒らないで下さい」と、
平然と言ってのけた新入社員が数年前にですが僕が勤めてる会社に居ました。
呆れたと言うか何と言うか・・・ですね。
ブチ切れた人事部長が地方配属にしたら自ら辞めてってくれましたが(笑)!

褒めて育てられた子供は権利ばかりを主張して、
怒られたり逆境になると逃げたり辞めたりする社会人に育ちます。
少し厳しくされたくらいで引きこもってしまいます。
もしくはシカトして自分だけの世界に入り込んでしまったり。
それまで怒られたり渇を入れられたことが無いからですね。
怒られてる「時間」さえ我慢してれば言われてる「内容」は全くスルー・・・。

人権はもちろん大切だと思いますし「優しい時代」でも別に構わないと思います。
でもその優しさが「弱者(他の人)」ではなくて、
あろうことか「自分」に向くって変なコトになっちゃってませんかね?
国内では甘えさせてくれるかもだしお友達ごっこも出来るかもですが、
一歩国外に出ると厳しい競争社会が待ち構えていることを忘れてはいけませんね。
既に海外の政治家や経済学者の間では、
日本は近い将来に於いて衰退するであろうとの見解が多数になりつつあります。
コレって大袈裟でも何でも無くて国家の存亡の問題です。

  1. 2015/12/12(Sat) 00:01:16|
  2. 事件・事故・社会問題
  3. | コメント:0
  4. | Edit
忘年会シーズン | ホーム | 誰の責任?

Comment (Thanks!)

コメントの投稿