Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

聖なる戦い

daily_084.jpg

フランスの大統領はテロではなくて戦争だとしてしまいました。
あくまで個人的な感覚ですが僕はこれにはとても違和感があるのです。
戦争って国際法によると「国家間の武力による争い」ですよね。
フランスはイスラム国をテロリストから国家に格上げしたコトになりませんか?

そして戦争と言う言葉を使ってしまった瞬間に、
イスラム国によるテロ攻撃は原爆投下や東京大空襲と同じ行為になります。
民間人が巻き込まれようと「戦争だから」です。
自国内では非難出来ても戦争なのだから国際社会からすれば単なる戦闘行為です。
完全に相手の術中にはまってませんかね?

そもそも西欧諸国は相手を悪だとしてるけど、
アルカイダやイスラム国にしてみれば聖戦ですよね。
正しいのは彼らだし西欧諸国こそ悪夢の十字軍の成れの果てです。
決して冗談で生命を棄てて闘ってる訳では無い。
彼らにしてみれば神の使命ですらあるんじゃ?

正義の基準が全く違うんですよね。
西欧諸国からすれば彼らの行動は狂気だけど、
アルカイダやイスラム国にしてみれば西欧諸国はかつての侵略者。
神の教えなのだから正義は彼らにあって西欧諸国は悪の存在でしかない。

  1. 2015/11/26(Thu) 07:14:25|
  2. Politics
  3. | コメント:0
  4. | Edit
女子高生4名お持ち帰り! | ホーム | 五十肩じゃないぞ!

Comment (Thanks!)

コメントの投稿