Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

左折レーン

road_011.jpg

自転車に対する道路交通法の適用が厳しくなって早5ヶ月。
あくまで自分の感覚ですが車道を走る自転車が増えて来たように思えます。
スポーツ系サイクルの方々は元から車道を走行されるケースが多かったですが、
シティー系サイクルの方々も徐々にですが車道に進出して来られています。
電チャリが増えて来て簡単にスピードが出せるようになったこともあるのかな?
もちろんそれが法的には正しい走行方法ですね。

車道を走る際に個人的に何とも悩ましいのは走行する場所(車線)です。
自転車は原則的には車道の左端を走る事になっていますが、
特に交差点手前で道路の左側に出現する左折レーン左端から直進すると危険ですよね?
完全な分岐車線があったりする場合もあります。
横断歩道まで行ってそこだけ歩行者の振り(?)をする事も出来ますが、
昨今の主流は1車線目の左折レーンの右端もしくは、
左から2車線目の直線レーンの左端へ車線変更しちゃう方法ですね。
つまりはクルマやバイクに混じって走行することになります。

ツワモノになって来ると更に車線変更をして、
右折レーンの左端から右折して行かれる方も多くなって来ましたね。
そこそこ脚力がある方だと自転車でも50km/hくらいは出せるので、
平然と車道を2車線から3車線くらい横切って行かれてます。
法的には極めてグレー(厳密にはアウト?)みたいですがコレが道路の実態ですね。

ただこの車線の間ってバイクが擦り抜けをするレーンでもあります。
なので逆にクルマやバイクで一般道を走行する際には、
車道を乱舞(!)する自転車の存在にこれまで以上に気を付けなければです。
特に交差点手前は自転車が車線変更して来る事を想定しておかないとですね。

  1. 2015/10/23(Fri) 07:41:08|
  2. 自転車(その他)
  3. | コメント:0
  4. | Edit
アスペルガー | ホーム | ロキソニン漬け

Comment (Thanks!)

コメントの投稿