Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

海上自衛隊旗

rising_flag.jpg

常々書いてますが僕はデザインとしての“旭日旗”が好きです。
別にライトな思想(?)を持ってるとか、
夜な夜なバイクで爆音を立ててたとかじゃないですよ。
あくまで「デザインとして」ですね。

ところで“海上自衛隊旗”は日の丸から16条の旭光が出ているデザインです。
コレって戦前の日本海軍の“軍艦旗(旭日旗)”そのままのデザインですが、
当然にその採用には紆余曲折があったようです。

昭和29年に防衛庁・自衛隊を設置する際に“自衛隊旗”に関しても議論があったようで、
感情的には“旧軍艦旗(旭日旗)”を使用したいもののさすがに時期尚早では・・・で、
画家である米内穂豊(よないすいほう)氏に図案の作成を依頼することになったそうです。

この米内穂豊画伯が何とも粋な方(?)で反軍的な世論にも考慮しつつ、
「軍艦旗は実にすばらしいもので、これ以上の図案は考えようがない。」
として「一枚の作品」を描き上げたそうです。
それがまさにそのままの“軍艦旗(旭日旗)”だったんですね。

この“画伯の作品”は「国民感情」などを焦点に庁議にかけられて、
保安庁長官は喜んで(?)裁可したそうです。
最終的に“新・海上自衛艦旗”を承認した吉田茂首相はこう語っているそうです。

「世界中でこの旗を知らぬ国はない。
どこの海に在っても日本の艦だと一目瞭然で誠に結構だ。
海軍の良い伝統を受け継ぎ、
海国日本の守りをしっかりやってもらいたい・・・。」

“軍艦旗(旭日旗)”と“海上自衛隊旗”は同じデザインですが別物だったんですね!

  1. 2015/11/03(Tue) 07:31:59|
  2. 雑記
  3. | コメント:0
  4. | Edit
国家崩壊の瀬戸際 | ホーム | 人生最重量

Comment (Thanks!)

コメントの投稿