Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

マスターシリンダーキャップの落とし穴

master_001.jpg

バイクの油圧式ディスクブレーキや油圧クラッチには、
握る側(マスターシリンダー側)にオイルを溜めておくタンクがあります。
このタンクのキャップがマスターシリンダーキャップで、
位置的に目立つパーツなので派手な社外品が多々リリースされています。

master_002.jpg

当然の如く僕も社外品に交換してて機能的にも何ら問題は無かったのですが、
ネットで購入したリーズナブルな輸入品だったので、
奮発して某国産パーツメーカーのものへと再度交換しました。
ここに落とし穴(?)があったんですね。

master_003.jpg

角型のマスターシリンダーキャップってオイル漏れを防ぐために裏にゴムパーツがあって、
キャップの裏面はこのゴムキャップを押し付けるために凸型になっています。
ところがこの某国産メーカーの商品は裏面が平面だったので密閉度が足りなかったのか、
ハンドル交換とかの作業で外して傾けるとオイルが漏れて来ると言う!
なのでちゃんと凸型になっているリーズナブルな輸入品に戻しました。
某国産メーカーのはレース用に軽量化してあったのか(笑)?

  1. 2015/09/23(Wed) 15:33:51|
  2. CB1100
  3. | コメント:0
  4. | Edit
海賊の末裔 | ホーム | ブレイブブロッサムズ

Comment (Thanks!)

コメントの投稿