Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

XC BART PRO Multi Wheel

P1090701.jpg

2003年型の“LGS XC BART PRO”を全バラして、
24インチと26インチのマルチ・ホイール対応に仕上げました。
ブレーキは当然に油圧ディスク化(オリジナルは機械式)して、
フロントは203㎜と言うダウンヒル用の超特大ディスクプレートにしてあります。
シフトは「9速x3速」から「10速x2速」のロード用に換装。
究極のシティ・コミューターですね(笑)!

P1090707.jpg

おそらくは普段は24インチのホイールを付けっ放しになります。
履かせているのは「24x1.60」と言うBMX用のタイヤです。
26インチ用のフレームに24インチホイールを履かせたりすると、
ペダルが地面に干渉して使えたもんじゃない・・・かとも思いましたが、
案外とそんな事はありません。
街乗りレベルで自転車をそれほどバンクさせる事もありませんし、
僕は自転車を傾けたまま漕ぐような器用なコトは出来ません(笑)!
“XC BART PRO”は一応は本格的なMTBなのでBBの位置が高い事もあるのかもですね。

P1090723.jpg

きちんと調べてみると、
UCI(国際サイクリング連合/Union Cycliste Internationale)の規定だと、
BB高さ(ボトムブラケット芯と路面の距離)は240mm~300mmとなっています。
一方ではJIS基準だとペダル接地角は25度以上となっていて、
24インチタイヤの状態でもどちらも満たしています。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/corner_tilt.html

P1090720.jpg

一方で遠乗りする時や気合を入れて走りたい時(?)は26インチのホイールに履き替えます。
大径ホイールの方が速度が出るし楽なのはお約束ですからね。
クイック・リリース&ディスク・ブレーキなので車輪交換時の調整も簡単です。
こちらのタイヤは「26x1.00」のセミ・スリック(安いのだけど)にしてあるので、
乗り心地もかなりタイトですよ(笑)!

  1. 2015/08/14(Fri) 13:33:13|
  2. LGS-XC BART PRO
  3. | コメント:2
  4. | Edit
ニューヨーク52番街 | ホーム | 何故に戦争はイケナイ?

Comment (Thanks!)

なんかこう…バランスが美しくて、素敵な自転車になりましたね!
乗るのが楽しみですね。
  1. |
  2. 2015/08/15(Sat) 00:52

ミニベロを

> harakoさん
ミニベロを見慣れてるので小径車のバランスが良く見えるのかもですね。
でも26インチを24インチにしても思ったほど小さくなりませんでした。
タイヤの厚みのせいですね。
  1. |
  2. 2015/08/15(Sat) 08:30

コメントの投稿