Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

八百比丘尼(やおびくに)

DSC02088.jpg

若狭の漁村に暮らす平凡な少女は、
何事もなければ漁師と結婚し母親となって、
若狭の穏やかで恵み豊かな海に漁師として我が子を送り出し、
年老い穏やかにどこにでもあるあたりまえの生涯を終えるはずだった。

だが少女は漁師である父親が獲った人魚の肉をそれと知らずに食べてしまったことで、
「不死」という逃れられない運命に囚われることになる。
長い年を経ても老いずいつまでも若狭の海のような美しさと輝きを保ったまま。
少女は死にゆき朽ち果ててゆく人とものの定めを哀しく見送り続けた。
一人時の流れから置き去りにされた少女の心だけが疲れ果て枯れていった・・・。

少女は自らの肉体の死をひたすら追い求め諸国を行脚する。
いつしか少女は比丘尼(出家して正式に僧となった女子)となって、
死に行く定めの人々に安らかな彼岸への引導を渡すようになる。

自ら求めても得られない「死」。
それを恐れ逃れようとする人々は、
不思議な比丘尼の言葉の響きの中に永遠の生の哀しさを感じ取り、
安らかに死出の旅へと向かう決心をつける。
そして比丘尼に感謝し無数の死を看取った比丘尼に抱かれて旅立っていく。

比丘尼となった少女は八百年の後めぐり巡って生まれ故郷の若狭に辿り着く。
そして八百年前と変わらぬ自らの故郷の景色に涙を流す。
自分はこの景色の一部となろう・・・。
そう決心した比丘尼は死を求めることを止め、
心落ち着けて懐かしき若狭の大地に身を横たえる。
気がつけば八百年を経た少女の体は風に飛ぶ砂と化し、
澄み渡った魂が愛する若狭の土地に同化しあまねく広がっていった。

(民話より)

人は多くは不老不死を求めます。
それが不可能でもちょっとでも長く生きようと懸命になります。
でもそれを実現したとき人は果たして幸せなのでしょうか?
八百比丘尼の伝説はその一つの答えを示しているのかなと感じるのです。

  1. 2015/04/18(Sat) 07:03:54|
  2. 魔界思想
  3. | コメント:0
  4. | Edit
エロティシズムとバイオレンス | ホーム | 筋力の衰え?

Comment (Thanks!)

コメントの投稿