Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

脱キレイゴト

kakizome_2015.png

フルヴァージョンは「仏界易入魔界難入(仏界入り易く、魔界入り難し)」ですね。
室町時代の僧であり詩人でもあった一休宗純(いっきゅうそうじゅん)の言葉だそうです。
一休宗純はアニメの一休さんのモデルとされた方ですが、
実際には僧侶でありながら戒律や形式にとらわれず、
自由奔放でむしろ奇行とすら言える行いの多い方だったようですよ。

これは川端康成が好んで用いた言葉ですね。
と言うか川端康成が自身の小説の中で多用したから知った言葉です。
解釈は諸説ありますが、
川端康成本人はノーベル賞受賞記念講演でこう話しています。

 仏界の世界とはまさに悟りの世界である。
 しかし同時に人間は様々な煩悩を持ち、
 また悟り悟ったと思っても、
 更にその奥に深い世界があります。

 人間が悟りを開くにはもうひとつの魔界。
 正体が分からないような一見闇に満ちた、
 そのような世界にも入って行かなければいけない。
 あるいはそういった世界が実は非常に入り難い。
 しかしその入り難いものを入って行き、
 その世界を描くのが文学者である。

キレイゴトばっかり言ってないで、
魔界にどっぷりと浸かりに行きましょうか(笑)!

  1. 2016/01/04(Mon) 00:27:14|
  2. 魔界思想
  3. | コメント:0
  4. | Edit
完全優勝 | ホーム | 仕事始め

Comment (Thanks!)

コメントの投稿