Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

グローバル・スタンダード

iStock_000005130928Small.jpg

グローバル・スタンダード(Global Standard)とは「世界標準」とか訳されます。
特定の国家や地域や民族や業界や企業などに限定されずに、
世界的に通用・普及・定着しているとされる標準・規格・規則を示す言葉ですね。

けれどもグローバル・スタンダードなんてものは存在しません。
存在してる振りをしてるだけですね。
誰がそんなことをしているのかと言うと、
自らに有利なスタンダードなるものを広めたい勢力がですね。
「我々が定めた規準だ」と言うよりも、
「それは世界の規準だ」と言い切ってしまった方が通ずるからです。
個人の意見なのに「そんなの常識だろ!」で押し通す人と一緒ですね(笑)!

なのにアメリカの規準を「グローバル・スタンダード」だと言う他国の人も居ます。
特に日本ではアメリカ流のビジネス・モデルや基準となる経営指標や国際会計基準を、
グローバル・スタンダードとしてもてはやす悪しき風習があります。
コレって大いなる勘違いですね。
アメリカは別に世界規準でも何でもありません。
そう見せるのが上手い国(国民性)ではありますが。

グローバル・スタンダードとされるものを、
「唯一の絶対的な基準」として絶対視するのはあまりに危険ですね。
けれども傾向値としてはある程度は使えます。
なのでそう認識して使用する分には問題ないかなって思います。

  1. 2014/04/23(Wed) 15:17:08|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit
死ぬ死ぬ詐欺? | ホーム | インターネット個人利用規準

Comment (Thanks!)

コメントの投稿