Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

成人女性では物足りない!?

maxresdefault_20140324002143a89.jpg

女性ヴォーカリストをフューチャーした「嬢メタル」なんてジャンルがあるのですが、
それを超越した「アイドルメタル」とでも呼べば良い様なグループがあります。
2~3年前から存在はしていましたがメジャーデヴューは今年ですね。
そうです。
タイトルは「淫行」ではなくて「ヘヴィメタル」の世界の話です(笑)!

所詮はアイドル・・・なのかもですが、
僕は此処まで来ると立派なヘヴィメタルなのではないかとも思います。
少なくとも30年以上メタルをリアルタイムで聞き続けて来た僕の耳には、
他の曲はわかりませんがこの曲は筋金入りのメタルに聞えます。
シャウトの出来ないメタルのヴォーカリストなんてたくさん居ますし!

曲がよく出来ているのとバックの演奏陣が上手いからそう聞こえるのでしょうかね。
極めて正確かつオーソドックスなメタルの形式と演奏スタイルです。
ただバックバンドはかなりの人数が居るようにも見えますので、
ライブではパートを分けて音を重ねまくってるのかもですが。

ヘヴィメタルとは何か・・・って話し出すとキリがありませんね。
ヘヴィメタルは様式美だと言う人も居れば、
自由な表現な場こそがヘヴィメタルの醍醐味だと言う人も居ます。
感じるものも人それぞれなのでしょうね。

曲の構成的には“X-Japan”を真似てるって意見も多いようですが、
“X-Japan”はある意味ジャパメタの様式を確立したバンドなのかも知れないので、
似ていても仕方ないのかなとも思います。
そんな事は僕にはどうでも良くて、
アイドルであってもアニメソングでもメタルの復権は素直に嬉しいです!
テレビからお茶の間にメタルサウンドが流れて来るなんて久しぶりだし(笑)!

紅月(AKATSUKI) / BABYMETAL - YouTube


  1. 2014/03/24(Mon) 00:45:43|
  2. Japan Metal
  3. | コメント:0
  4. | Edit
IMEの叛乱と担当美容師さんの退職 | ホーム | 西洋甲冑の戦士

Comment (Thanks!)

コメントの投稿