Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

「病気だから仕方ない」という言い訳

amuse_039_2014022108285739d.jpg

病気や健康状態を理由に何らかが出来ない事って多々あると思います。
これは本人の努力だけではどうしようもない部分ですね。
なので「病気だから仕方ない」という言い訳は当然にあると思います。
けれども「自分の中」では通用するかもですが「社会」では通じませんね。

「病人は表に出るなと言うのか!」と曲解される方も居らっしゃるかもですが、
行動されることを抑え込むことは出来ませんね。
なので当人の行動の結果で判断をせざるを得ないと思います。
その際に「病気だから仕方ない」を許容する線引きがあると思うのです。

病気が原因で通常の精神状態でなくなる事も多々あると思います。
でも仮に世間一般的に犯罪とされている行為を仕出かしてしまった場合は、
僕は「病気で仕方無く」という言い訳を許容することは出来ないと思います。
例え不可抗力であったとしてもね。
その一線を緩めると社会規範が成立しなくなります。
個人の基本的人権は公共の福祉のためには制約を受けるのが日本の現行憲法です。

こうゆうのは自分の立場で考えちゃ駄目だと思います。
物語の中の出来事くらいの立ち位置で客観的に俯瞰しないと、
感情が混じっちゃいますから。
悲しいかな感情は判断を歪めます。

  1. 2014/02/28(Fri) 08:29:00|
  2. Healthy Life(その他)
  3. | コメント:4
  4. | Edit
親離れ・子離れ | ホーム | 技術戦争

Comment (Thanks!)

最近、猟奇的殺人や、非常識な交通事故の判例で良く聞くようになりましたね。

当り前のように「病気で・・」とか「精神状態が…」と言う弁護士側からの主張が出ます。

正直、その主張を出した時点で被害者側の立場からすると「ふざけんな」と言う気持ちにさせられると思います。

短絡的に判りやすい「弱者」を感情で擁護する、浅はかな発言も増えていると思います。

これは「イルカ漁」や「人権問題」にも大きな判断の妨げになっていると思ってます。

司法には、これがまかり通る前例を絶対に作って欲しくありません。
  1. |
  2. 2014/02/28(Fri) 11:08

精神状態

> ぼにおさん
ゴルゴ13でも無い限りは、
殺人を犯す時の精神状態が正常である筈がないと思うんですよね。
性犯罪だっておそらくは同じで、
加害者は自分でも押さえ切れない感情に支配されてしまってるんです。

「正常な精神状態であったらやらなかった」なんて言い訳がまかり通ったら、
凶悪犯罪で有罪になる人なんて居なくなっちゃいますよ。
  1. |
  2. 2014/02/28(Fri) 11:23

ゴルゴ13!
彼の仕事中は、精神状態すこぶる良好だと思います(爆)

切れるに始まり、ファビョる、パニクるなど。
色々な理由付けをして「精神障害」にしようとしているようですが、結局のところ
子供の「かんしゃく」と変わらないと思っています。

当然「精神疾患」と言う症状はきちんと有るとは思っていますが、大半は精神的な発
育不良。それが増えていると言う事なのではないでしょうかね。

こういうのも、家庭教育や発育環境の問題なのでは?と思っています。
  1. |
  2. 2014/02/28(Fri) 13:17

育てる側も

> ぼにおさん
育てる側も未熟なのでしょうね。
世の中も厳しさが無くなって来ましたからね。
優しいばかりじゃ駄目なのになぁ・・・。
  1. |
  2. 2014/02/28(Fri) 23:34

コメントの投稿