Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

異なった考えを受け入れると言うこと

silhouettes_058.jpg

社会に出れば様々な考え方に遭遇します。
中には自分と異なる考え方もあるでしょうし、
自分の基準に照らして「間違ってる」と思う言動もあるでしょう。
それを「変だ」とか「間違ってる」とか思うのは自然です。
思うことを止める必要は無いですね。

でも他者が自分と異なる考え方をしていることを否定する必要は無いですよね。
異なる(自分にとっては誤った)者や異質の考え方が、
世の中には「存在している」ことを「認識」していればよいだけ。
許容まではしなくても良いけど、
存在してることを許してあげる寛容さを持てばイイだけ。
ましてやそこはプライベート空間では無い「社会」なのだから。

属して居るコミュニティー(会社とかですね)での立場の関係で、
その「間違ってる」と思う意思に従わなければならないことも多々あります。
でもそれが「組織」ですよね。
何処にでもあることだしそれを避けて居たら社会参加が出来なくなります。
上手く消化して行動することも大切ですが、
「間違ってる」指示にも動じない強さを身に付ければ良いだけです。

ちょっと違いますが「声の大きな人」が苦手な人も多いですね。
でも高圧的な態度の人は実はビビってるだけってのが判らないのかな?
世の中そんな人ばかりだからいちいち嫌悪感を持ってたらキリが無いです。
上手く受け流せるようにならないと逃げてばかりじゃやってらんないですね。

適度な距離をおいて「許してあげる事」ですよ。
「正してやる!」なんて正義の味方になろうとしないこと。
但しコレは「社会」の場合ですね。
プライベートではそもそも異質なものを受け入れる必要は無いと思うし、
正義の味方で良いかと思います!!

  1. 2014/09/19(Fri) 15:03:27|
  2. 魔界思想
  3. | コメント:0
  4. | Edit
青少年保護条例(淫行条例) | ホーム | ポタポタが11万円の出費に(笑)!

Comment (Thanks!)

コメントの投稿