Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

脳死状態

daily_032_201312231523154a5.jpg

一昨日・昨日は世間一般的にはクリスマスだったので、
こちらでも重い話題は避けさせていただきましたが、
今週は僕が勤めてる会社では大変なことになっていました。

現場部門に所属している若手女性社員さんなのですが、
先日行われた取引先との忘年会で突然気分が悪くなって救急車で運ばれたそうです。
クモ膜下出血だったそうで12時間にも及ぶ緊急手術となったようですが、
術後も人工呼吸器で息はしているものの、
家族には医師からは既に脳死状態だとの説明があったのだとか・・・。
ここまでは会社に連絡が入った内容でここからはあくまで憶測です。

脳死状態って呼吸もしてるし心臓も動いてる状態ですよね。
傍からは眠ってるだけにも見えるそうです。
ここから先は家族の決断に委ねられる・・・とは言っても、
医学的知識の無い一般人にしてみれば「もしかして?」って思ってしまいます。
ましてやまだお若い方だし、
万に一つの誤診であって欲しいとも思うものでしょうしね。

そんな決断果たして僕に出来るのかな?
しなきゃなのでしょうけどね。

  1. 2013/12/26(Thu) 07:22:17|
  2. Healthy Life(その他)
  3. | コメント:6
  4. | Edit
次期戦闘機到来! | ホーム | 仕事納め

Comment (Thanks!)

日本は宗教的なものなのか、何処か生きているのならそれは脳死であっても
「死」ではないという感覚が大きいようです。
まれに脳死判定が出ても蘇る話題もありますしね(大抵「脳死」ではなく
「植物人間」みたいな状態ですが)
家族にしてみれば、本当にキツイ状態だと思います。
うちの親類(はとこの父)もそうでした。
ただ、脳死は2回以上判定まで時間がかかった気がします。
「脳死」と分かると今度は「臓器移植は可能か」など
本当に家族さんには色々な問題がかかってきます。
状態にもよりますが年を超させるかという問題も絡みます。
うちの祖父は年末に危篤になりましたが1/3まで持たせました。
焼き場が空かないという理由です。それでも焼き場は年末分でいっぱいで
数日、霊安室で待ちました。
医療が進むと、色々な問題まで絡めて、昔のような基準では死ねないのだなあ
と思いました。
  1. |
  2. 2013/12/26(Thu) 11:08

お子さんが

> あるさん
大人は理屈で理解出来ますが、
理解させてあげなきゃなのは子供なんです。
倒れられたのはお子さんが2人いらっしゃるお母さんなのですが、
まだ上の子が小学校に入ってないくらいなんですよね。

世間では皆が浮かれるクリスマスが、
ご家族にとっては悲しい時期になってしまったのが何だかなぁって。
まだお母さんには温もりがあるのにね・・・。
  1. |
  2. 2013/12/26(Thu) 12:16

あまりにも

現実は、残酷ですね。
脳死状態になるって 何が起こったのでしょうか。
子育て真っ最中の時期に、本人にとっては
予期せぬ出来事だった・・・
家族の気持ち、お察しいたします。


こういう話しを聞くと、身の回りのこと
キチンとしておきたいと思います。
  1. |
  2. 2013/12/26(Thu) 21:51

丁寧に

> すみれさん
クモ膜下出血で脳の動脈が破裂したそうです。
手術中もかなりの出血だったそうで・・・。

身の回りのことをきちんとすることと、
何事も丁寧に接する事と、
あとはやっぱり思ったら行動に移すことなのかなと思います。
  1. |
  2. 2013/12/27(Fri) 00:00

脳死診断後、何年かして目が覚めるように復活された方も居るそうですね。
そのままにしておくことも経済的に可能なら、良いかもしれません。難しい問題ですが、発症前に本人の意思表示をして置くことも残される人にとって大切なことと思います。
僕は脳死診断後は使える器官は有効に活用してもらいたいと思っています。
  1. |
  2. 2013/12/27(Fri) 01:09

色んな例を

> コーさん
色んな例を見聞きすると、
ホントにどうしたもんなんでしょうかね・・・。
  1. |
  2. 2013/12/27(Fri) 11:02

コメントの投稿