Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

片腕

IMG_8687w600.jpg

これはもうオカルトですよ。
だって・・・ですよ?
読んでない方のために詳しくは書きませんが、
まだ高校生だった僕は読んだ日の夜は夢に出て来ましたよ(笑)!
真面目にそうゆう人が多いんじゃないでしょうか?

「片腕」は川端康成後期の短編小説ですね。
短編集の中の一つだったと思います。
この作品を執筆していた頃の川端康成は睡眠薬の服用が高じて禁断症状を起こしていて、
この薬の影響で神がかり的な魔界描写(?)をしてるとか言われてます。
川端康成自身は本当に魔界を見てたのかもですね。

  1. 2013/12/16(Mon) 08:16:10|
  2. 魔界思想
  3. | コメント:2
  4. | Edit
車検の案内 | ホーム | 抑止力

Comment (Thanks!)

作曲家とかもそゆーのありがちですよね、ドラッグやってた方がいい作品が出来る。だからやめられない。多少気が変じゃないと芸術って生まれないと思います。

私も、「何か」が下りてきて憑りつかれたように絵を「描かなきゃいられない」時って、
やっぱり狂気が湧いてると感じます。
でもって、描き終ったらそれが絵に移って自分の中はもうスッキリするという..(笑)
  1. |
  2. 2013/12/19(Thu) 10:05

芸術的

> ねーさん
僕はそう言った芸術的才能が無いからなぁ。
  1. |
  2. 2013/12/19(Thu) 12:34

コメントの投稿