Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

ファッション誌の仕業?

claudiaVOGUE.jpg new_york.jpg

僕のBlogにしてはエロティックな画像ですね(笑)!
でも残念ながら(?)内容はお硬いです!

和装の着物は男女共に右前ですよね。
ここで言う右前とは「向かい合った人から見て右側が上」です。
自分から見てではありませんね。
これは殆どの人の利き手が右手だからだそうです。
右前に着れば利き手をすぐに懐に入れられて便利と言うことみたいです。
極めて合理的な考え方ですね。

ところがこれがボタンのある洋服となると、
男性は和装と同じ右前なのに女性は何故か逆の左前になります。
俗説的に男性は自分で服を着て女性は着せて貰うことが多いからとか言いますが、
男女でボタンの合わせを替えるのって不便のが多そうにも思えるのだけれど。

「女性は左前」とした根拠はハッキリとしないそうですが、
こんな妙な習慣を根付かせてしまったのはファッション誌なのだそうですね。
特に1892年創刊のアメリカのVOGUE誌が、
「男性は右前」「女性は左前」スタイルを定着させて行ったそうです。
男女が同じ服を着回せないように・・・との服飾業界の思惑もあったとか?
意外と新しい文化(?)・・・と言うか単なる流行だったんですね!

  1. 2013/05/04(Sat) 18:32:43|
  2. Communication
  3. | コメント:8
  4. | Edit
ファミレス | ホーム | 痛風再発(笑)!

Comment (Thanks!)

画像に

こんなに胸が大きいと肩が凝るんだろうな・・・
私には想像できませんが(笑)画像に食いついてスミマセン(笑)
  1. |
  2. 2013/05/04(Sat) 19:54

どこに!

> harakoさん
どこに食いついてるんですかっ(笑)!
  1. |
  2. 2013/05/04(Sat) 20:59

今、知りました。
そういう訳だったんですね。

男性のシャツ着ていたらわかって
しまいますね・
  1. |
  2. 2013/05/04(Sat) 21:36

今だったら

> すみれさん
今だったらそれまたお洒落なのかも!
  1. |
  2. 2013/05/04(Sat) 22:20

知らなかった[i:63943]

お恥ずかしながら今まで右前って自分から見てだとばかり思っていました 今更ですが勉強になりました

ありがとうございます(汗)
  1. |
  2. 2013/05/05(Sun) 00:35

僕も

> かおりんさん
僕も実は良く知りませんでした(笑)!
  1. |
  2. 2013/05/05(Sun) 13:33

肩凝るぜ

それに反抗心を持っていた私は、自分で洋服縫う時は全部右前にして、世間への抵抗をプチ表現していました。
まあ誰も見ちゃいないと思うけど...(笑)
  1. |
  2. 2013/05/07(Tue) 12:58

男物

> ねーさん
男物着てるって思われてた(笑)?
  1. |
  2. 2013/05/07(Tue) 15:44

コメントの投稿