Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

怒りの論理学(その3)

ikari_03.jpg

コメントでも頂いてますが僕は中途半端な妥協ってのは最低の結論だと思います。
再び(その1)の例示のケースである、
 ・酔っぱらった時だけ暴力を振るう彼氏
 ・その彼氏のDVに悩む彼女
と言うシチュエーションを想定します。

彼氏が「今後は暴力を振るわないように気を付けるよ」ってのは何の解決でもありませんね。
あくまでするかしないか判らない努力目標を口で言ってるだけであって、
きちんとした保障や裏付けのある「約束」でも何でもありません。
こんなのを「約束」って認識される人はまさか居ないと思いますが。

でもって彼女の方も「別れたくないからもうちょっと我慢してみよう」と思ったとしても、
これって単なる問題の先送りですよね。
何の問題解決にもなっていないのは明らかですし、
再びこれまでのトラブルを繰り返すだけです。

でもって万が一にも「怒ったことによってストレスが解消出来た」とかだったら、
これは彼氏さんに対してとても失礼な行為になりますし、
「そこまで事を大きくする積りは無かった」なんてのは認識が甘過ぎますよね。
子供のケンカじゃないんだから。

僕は可能性をゼロに出来る保障の無い約束はすべきでは無いと思います。
そうゆう意味では「酔って絶対にDVしないとは言い切れない」って、
彼氏さんの発言は極めて正直だと思います。
でもってそんなのは百も承知で怒りをぶつけた(結論を求めた)以上は、
絶対な保障が得られない限りはもはや交渉決裂だと思うんですよね。

玉虫色の決着ってのは解決でも何でもありませんね。
単なる時間稼ぎです。
適切な結論を迅速に導き出すのが正しい対処法かと思います。
やっぱり極論に走り過ぎなのかもですが・・・!

  1. 2012/07/22(Sun) 00:33:59|
  2. Compliance
  3. | コメント:2
  4. | Edit
怒りの論理学(その2) | ホーム | 切腹最中(新橋/新正堂)

Comment (Thanks!)

置き換え

やろうと思ってるんだ、て言いながら結果が出てないことを「悩んで苦しんでる」ってことに置き換えたり…
人に言い訳できても自分には言い訳出来ないだろうに、と思います。
  1. |
  2. 2012/07/22(Sun) 16:08

切り抜けて

> harakoさん
言い訳して周りの人との関係は取り敢えずは切り抜けた(誤魔化せた?)ように見えても、
自分の中では気持ち悪いだろうし納得が行って無いだろうと思うんですよね。
それとも体裁が保てたことで安心しちゃうのだろうか・・・?
  1. |
  2. 2012/07/22(Sun) 17:02

コメントの投稿