Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA JAPAN with Whole Lotta Led Love.

since 2003/01/18
Home |  What's Tarbow |  Guest Book |  Admin

FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
mixi
(1307442)
Twitter
(Tarbow13)
FaceBook
(tarbow13)

一天にわかにかき曇り

Kuniyoshi_Utagawa.jpg

ここ横浜地方も3時頃までは晴れてたのに、
台風の接近に伴って一気に雲が広がって大粒の雨が!
まさに「一天にわかにかき曇り」って感じです。
取り敢えずはベランダのものを全て屋内に退避させましたよ。

この「一天にわかにかき曇り・・・」って言い回しを使いますが、
コレって歌舞伎の「雷神不動北山櫻(なるかみふどうきたやまざくら)」の台詞だそうですね。
元々あった言葉なのか歌舞伎で流行ったのかは判りませんが。
ちなみに雷神不動北山櫻(鳴神)のあらすじはこんな感じ。

子供が出来ない事に悩む天皇からの依頼を請けて、
鳴神上人(なるかみしょうにん)は寺院建立を約束に願をかけ見事これを成就させます。
ところが当の天皇が寺院建立の約束をバックレたため、
怒った上人は呪術を用いて雨を降らす竜神を滝壷に封印してしまいます。
それからというもの雨が降らない日々が続いて、
やがて国中が干ばつに襲われて民百姓は困り果ててしまいました。

そこで狡賢い朝廷側が考えたのが色仕掛け(笑)!
内裏一の美女である雲絶間姫(くものたえまひめ)を上人の元へ送り込みます。
姫の色仕掛けにメロメロになった上人は酒に酔い潰れて眠ってしまい、
その隙に姫が封印を解いて竜神を解き放つと「一天にわかにかき曇って」豪雨となります。
雨の音に飛び起きた上人はようやく騙されたことに気付き烈火の如く怒り、
鳴神上人は雷神上人(らいじんしょうにん)となって姫の後を追い掛けます・・・。

お堅い筈(?)の上人様が姫の色香に迷って堕落するってのも何だかですが、
そもそも約束の寺院建立をバックレた天皇がセコイですよね。
歌舞伎(狂言)の登場人物さんってそんなもんか(笑)!

  1. 2012/09/30(Sun) 16:30:39|
  2. 季節・自然・エコロジー
  3. | コメント:8
  4. | Edit
私もぶれない | ホーム | 10月の青空

コメントありがとうございます

美人に弱いとか酒に弱いとか、神話には多いですね。
八岐大蛇もお酒でしたっけ?歌舞伎とかは神話の取り扱いも多いので
こういう話は面白いですよね?!
  1. |
  2. 2012/09/30(Sun) 18:29

神様も

> あるさん
神様だって弱いんだから人間が弱いのなんて当然なんですね(笑)!
  1. |
  2. 2012/09/30(Sun) 19:04

何だかなー(笑)
騙したり誘惑したり、何千年さかのぼってもそんな事繰り返してるんでしょうね~(^_^;)
進化しないのかなそこだけ(笑)
  1. |
  2. 2012/09/30(Sun) 21:05

進化

> ねーさん
この部分に関しては進化して欲しくは無いかも・・・(笑)!
  1. |
  2. 2012/09/30(Sun) 21:53

いつの・・

いつの時代もそうなんですね

でも そうじゃないとおもしろくないかも・・・

理性が邪魔になることもありますが・・・・
  1. |
  2. 2012/09/30(Sun) 22:23

なんというか、行き当たりばったりな流れがいいですね。
見習わなくちゃ(笑)
  1. |
  2. 2012/09/30(Sun) 22:31

理性

> すみれさん
理性ってツマラナイですね・・・。
いつの時代も酒はそれを吹き飛ばす言い訳になってくれるみたいです(笑)!
  1. |
  2. 2012/10/01(Mon) 07:54

その場その場

> harakoさん
その場その場で姑息な手段(?)を考えるから行き当たりばったりなんですね(笑)!
  1. |
  2. 2012/10/01(Mon) 07:56

コメントの投稿