Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA JAPAN with Whole Lotta Led Love.

since 2003/01/18
Home |  What's Tarbow |  Guest Book |  Admin

FIAT500S
(ABA-31209)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
mixi
(1307442)
Twitter
(Tarbow13)
FaceBook
(tarbow13)

踊り子 / 中森明菜

008.jpg

既に没後12年・・・今年は13回忌の節目の年なんですね。
享年46歳・・・って今の僕よりも若いです。
村下孝蔵さんといえば僕は「初恋」よりも「踊り子」ですね。
勿論リアルタイマーでした。

この村下孝蔵さんが発表された「アキナ」と言う曲があります。
ご本人は明言はされなかったようですが、
数多くのスキャンダルで不遇な時代を送っていた中森明菜への激励歌とも・・・。
失恋歌作りに天賦の才を発揮していた彼が、
失恋を発端としたあの頃の一連のスキャンダラスな出来事に対して共感を得たのかも。

そしてその村下孝蔵さんが逝去された後に彼の名曲である「踊り子」を、
稀代の女性ヴォーカリストでもある中森明菜が歌い上げています。
妖艶・・・とはまさにこの様を指すのでしょうか?
この曲だけ(!)が欲しくてCD(中森明菜のカバー)は持っては居たのですが、
画像を見つけた時に思わず「うわーっスゲーっ!」って鳥肌が立ってしまいました!
ホントに震えますよ。

踊り子 / 中森明菜 - YouTube



答えを出さずにいつまでも暮らせない
バス通り裏の路地 行き止まりの恋だから

何処かに行きたい 林檎の花が咲いてる
暖かい所なら 何処へでも行く

つまさきで立ったまま 君を愛してきた
南向きの窓から 見ていた空が
踊り出す くるくると 軽いめまいの後
写真をばらまいたように 心が乱れる

表紙のとれてる愛だから かくしあい
ボロボロの台詞だけ 語り合う日々が続き

坂道を駆ける子供達のようだった
倒れそうなまま二人 走っていたね

つまさきで立ったまま 僕を愛してきた
狭い舞台の上で ふらつく踊り子
愛してる 愛せない 言葉をかえながら
かけひきだけの愛は 見えなくなってゆく

つまさきで立ったまま 二人愛してきた
狭い舞台の上で ふらつく踊り子
若すぎたそれだけが すべての答えだと
涙をこらえたまま つまさき立ちの恋

ラララララ
ラララララ・・・

  1. 2011/04/27(Wed) 18:58:35|
  2. たまには邦楽でも
  3. | コメント:6
  4. | Edit
スパイラル・ブリッジ | ホーム | クール・ビズ

コメントありがとうございます

デビュー当時の

少しふっくらとした顔立ちが好きでした。
って過去形かよ!(笑)

今ではその面影もなく、激ヤセですよね...
  1. |
  2. 2011/04/27(Wed) 20:59

デビュー当時

> コバさん
デビュー当時ってもう30年くらい前ですかね?
そりゃ変わるわな!
  1. |
  2. 2011/04/27(Wed) 21:07

こちらは・・

みていませんでした・・

私が 知っていたのは、こちらの方でした

中森明菜 「踊り子」 nakamori akina

Tarbowさんがアップされたのと比べると

歌い方が違いますね。ほんとに妖艶です。



  1. |
  2. 2011/04/27(Wed) 22:05

元歌を

> すみれさん
村下孝蔵さんの元歌を知ってれば、
中森明菜さんのこのライブでの妖艶さに背筋が震えるかと思います。
  1. |
  2. 2011/04/27(Wed) 22:14

さすが

「表紙のとれてる愛だから かくしあい
ボロボロの台詞だけ 語り合う日々が続き」
ここの歌詞がツライな~~と思いました。
さすが明菜さん。素敵ですね。
  1. |
  2. 2011/04/28(Thu) 08:30

詩人さん

> harakoさん
村下孝蔵さんはこの手の歌詞作りはホントに上手いですよね!
  1. |
  2. 2011/04/28(Thu) 09:01

コメントの投稿