Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Haro BIKES
(ESCAPE SPORT)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

販売証明書を拒む出品者

yahoo_auction.jpg

ネットなどで自転車(フレーム)を購入する場合、
出品者に販売証明書(譲渡証明書)を発行して貰う必要があります。
防犯登録をするのに必要だからですね。
ところがヤフオクにはこの証明書の発行を拒む出品者がそれなりに存在します。
つづきはこちら

  1. 2019/04/22(Mon) 06:05:09|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

未必の故意

accident_055.jpg

法学部の方は1年生の時の刑法(刑事訴訟法かな?)の授業で習いますね。
「未必の故意」とは事故や事件の発生を積極的に希望・意図していなくても、
自身の行為(作為)もしくは行為をしないこと(不作為)によって、
実害が発生することが十分に想定される状況のことですね。
つづきはこちら

  1. 2019/03/01(Fri) 06:28:09|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

推定無罪の原則(その2)

not_guilty_002.jpg

ただ日本は逮捕されると不起訴になる確率が極めて低く、
更には起訴に持ち込まれれば実に99%が有罪判決になると言われています。
逆に言うと警察は相当に嫌疑を固めなければ逮捕に踏み切らず、
検察も確実に有罪判決が得られる見込みが無ければ起訴をしません。
つづきはこちら

  1. 2019/02/07(Thu) 06:43:43|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

推定無罪の原則(その1)

not_guilty_001.jpg

カルロス・ゴーン氏の報道で何度か使われている言葉に、
「推定無罪(の原則)」というものがあります。
「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される」というものですね。
国家と国民との関係を規律する近代法の基本原則とされています。
つづきはこちら

  1. 2019/02/06(Wed) 06:41:49|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

法の下の不平等?

img_432.jpg

法の下の平等とは、
国民一人ひとりが、
国家との法的権利・義務の関係において、
等しく扱われなければならないという観念ですね。
つづきはこちら

  1. 2019/01/25(Fri) 07:08:51|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

離婚の時効

time_035.jpg

離婚を決意されたものの、
財産分与諸々で少し足踏みをされている方がいらっしゃいます。
あとでゴタゴタしないようスパッと決めてしまいたいところでしょうが、
それでも漏れて後で揉めることはありそうですよね。
つづきはこちら

  1. 2019/01/15(Tue) 07:13:09|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

幸楽苑の詭弁?

kourakuen_002.jpg

外食大手の幸楽苑さんが、
働き方改革の一環として、
年末年始を休業すると年末の新聞広告で発表されていました。
賛否両論あるようですが大いに結構だと思います。
このような動きが少しでも広がって行くといいですね。
つづきはこちら

  1. 2019/01/06(Sun) 00:46:58|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

司法の策略

carlos_003.jpg

クリスマス直前に東京地裁が、
カルロス・ゴーン氏の勾留延長を認めませんでしたよね。
これって日本の司法の仕組みが正常に機能していることを、
国外に示すポーズだったんですかね。
何だかそう思えてきました。
つづきはこちら

  1. 2019/01/05(Sat) 00:35:54|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

七つの大罪

bible_001.jpg

「七つの大罪(ななつのたいざい)」とは、
キリスト教のおもにカトリック教会における用語です。
何かを仕出かした結果としての「罪」そのものでは無くて、
人間を罪に導く可能性があると考えられている欲望や感情のことを指します。
つづきはこちら

  1. 2018/12/25(Tue) 00:45:54|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

贈与税

master.jpg

とある方がお子様方に生前贈与をするために、
お子様全員の名義の通帳を作られて、
そこに毎月少しずつ入金されているのだそうです。
親御さんに万一の事があった時に、
銀行口座が凍結されても困らないようにとの思いもあるそうです。
つづきはこちら

  1. 2018/12/12(Wed) 06:51:55|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

禁欲の彼方に

8aac5758.jpg

「カトリック神父300人が性的虐待」というニュースが少し前に流れていました。
数千人とされる被害者には多くの男児が含まれるそうです。
アメリカのカトリック教会での出来事のようで、
過去何百年に渡る悪行の一部が露見しただけのようです。
つづきはこちら

  1. 2018/10/22(Mon) 06:41:02|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

足蹴

hikick002.jpg

自転車走行禁止の某商店街で、
ルールを無視して自転車で走行していた子供に対して、
通行中の大人が突然足蹴を喰らわす・・・と言う出来事があったそうです。
目撃された方が憤慨してSNSに載せられていました。
寄せられたコメントも蹴った方を非難されるごく常識的なものばかりで。
つづきはこちら

  1. 2018/10/20(Sat) 06:50:13|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

濁り

nigori.jpg

清河の
水の流れに
住み飽きて
元の田沼の
濁り懐かし
つづきはこちら

  1. 2018/09/06(Thu) 06:31:26|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

透明なガバナンス

dansyu_012.jpg

日本大学アメリカンフットボール部指導者も然り、
アマチュアボクシング連盟も然り、
忖度に胡坐をかく総理大臣然り。
権力在るところに隠蔽体質在りですね。
つづきはこちら

  1. 2018/08/12(Sun) 06:58:29|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

ハラスメント

Justice_002.jpg

ハラスメントで失脚されるお偉いさんが続出しています。
生き辛い世の中になったと嘆いている人もいれば、
過去の行動を振り返ってヒヤヒヤしている方もいらっしゃるのでは?
つづきはこちら

  1. 2018/06/02(Sat) 06:25:38|
  2. Compliance
  3. | コメント:2
  4. | Edit

ハラスメント

television.jpg

政治家さんやタレントさんによる何らかのアンモラルな言動が露見すると、
まるで自分達こそが正義の如くマスコミが追求する構図がお約束です。
でもその追求こそハラスメントではないのでしょうかね?
ハラスメントって受け手が嫌だと感じたら成立するものなのでは?
つづきはこちら

  1. 2018/05/18(Fri) 06:32:58|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

ご安全に!

img04_20180421093640c7f.jpg

「ご安全に!」って聞き慣れない言葉ですね。
けれども製造業の工場などでは、
挨拶として使われることがあるそうです。
つづきはこちら

  1. 2018/05/16(Wed) 06:36:14|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

法律は

law.jpg

法律は精神を抑制できません。
精神は法律に縛られません。
僕は法学部出身ですが、
法学部で叩き込まれた訓えの一つです。
つづきはこちら

  1. 2018/05/10(Thu) 06:33:25|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

養子縁組

spring_182.jpg

お妾さんと養子縁組をするって、
かつての日本では多々見られましたね。
お妾さんとの間の子供(非嫡出子)に自分の苗字を名乗らせるためとか、
その目的は様々でしょうが。
つづきはこちら

  1. 2018/04/18(Wed) 06:45:37|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

仕事で貯めたポイント

coin_005.jpg

会社の出張で貯めたマイルとか、
会社の買い物を自分のカードで決済した時に付いてきたポイントとか、
会社の備品をヨドバシで立替払いで購入した際のポイントとか。
これっていったい誰のものでしょうか?
つづきはこちら

  1. 2018/04/17(Tue) 06:54:57|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

知られざる闇

asa_1987.jpg

先日のNHKドキュメンタリーで1987年の朝日新聞襲撃事件をやっていました。
赤報隊を名乗る右翼団体による一連の言論テロ最大の事件とされています。
マスコミの方々にしてみればご自身の根幹を揺るがす一大事だったのでしょうが、
僕は正直言って事件そのものは風化してしまっているように感じました。
もう30年も経っていますしね。
つづきはこちら

  1. 2018/01/30(Tue) 06:17:32|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

無血革命

Willem_III.jpg

改革には犠牲が伴うものです。
現状を許容したままの改革はありません。
どんな改革でも先ずは古い仕組みを取り除くことが必要となりますが、
そもそも排除される側にしてみれば迷惑以外のなにものでもありません。
つづきはこちら

  1. 2018/01/22(Mon) 07:07:18|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

コンプライアンスの功罪

yellow_001.jpg

昨今の社会ではコンプライアンスが本当に厳しく求められます。
当初は単なる倫理的な基準に過ぎなかったものが、
いつしか「相手にもコンプライアンス順守を求めるのが当然」といった、
「権利」として振りかざされるようにすらなって来ています。
つづきはこちら

  1. 2018/01/21(Sun) 06:53:32|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

「てるみくらぶ」に学ぶ

tell_me_club.jpg

「はれのひ」でも「てるみくらぶ」でも、
「形の無いサービス」の対価として、
消費者は早期の現金決済を求められました。
これは業者側の信用問題には触れずに、
消費者側のみリスクを負わされた状態です。
つづきはこちら

  1. 2018/01/11(Thu) 07:44:52|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

「はれのひ」に学ぶ

harenohi0108.jpg

娘は再来年なのですが、
成人式当日の「はれのひ」騒動を知ってかなりビビってます。
新興業者はコストカットが徹底している分、
若干はリーズナブルなのかも知れませんが、
逆に表には見えない部分で怖さがあると言うことですね。
つづきはこちら

  1. 2018/01/10(Wed) 00:23:21|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

私がルール

rule_001.jpg

会社などの組織において、
「私がルール」の人っていませんか?
組織のトップに限らず、
何らかの担当者が独自のルールを設けてしまっていたり。
つづきはこちら

  1. 2017/12/15(Fri) 07:28:57|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

アナタハカミヲシンジマスカ?

gf1420142443l.jpg

個人的には何を信じようと勝手だと思います。
人それぞれ何らかの信念はあると思うので、
宗教そのものの否定はしません。
けれども宗教を勧誘する行為は好きではありません。
つづきはこちら

  1. 2017/09/21(Thu) 07:30:44|
  2. Compliance
  3. | コメント:2
  4. | Edit

カルトの影

cult_001.jpg

言葉巧みに近付いて、
人の心の隙に入り込み、
自らの目的を果たそうとする。
つづきはこちら

  1. 2017/08/29(Tue) 07:46:00|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

3%の冤罪

enzai_333.jpg

表沙汰になることは少ないのであくまで推測値だそうですが、
交通違反などの小さなものまでをも含めると今の日本の司法制度は、
1桁%程度の冤罪を生み出しているのではないかと推察されるそうです。
この数値が3%くらいなのではないかと言う教授もいました。
つづきはこちら

  1. 2017/07/24(Mon) 07:19:28|
  2. Compliance
  3. | コメント:0
  4. | Edit

正義の味方

a-7.jpg

自分以外の人が何らかのプチ不正行為(ズル?)を働くことに対して、
烈火の如く非難の矛先を向ける方がいらっしゃいます。
その人に関係が無いことであってもですね。
正義の味方気取りなのかな?
つづきはこちら

  1. 2017/07/22(Sat) 07:17:01|
  2. Compliance
  3. | コメント:2
  4. | Edit
次のページ