Welcome to the Tarbow's heaviest metallic Pleasuredome,
from YOKOHAMA with Whole Lotta Love.
Blogトップ
(Home)
Alfa156JTS
(GH-932AXA)
CB1100
(SC65)
Louis Garneau
(LGS-MV 5FS)
Louis Garneau
(XC BART PRO)
Favorite Music
(Heavy Metal)
自己紹介
(what's Tarbow)
プロフィール&足跡帳
(Guest Book)
mixi
(ID:1307442)
つぶやき
(Twitter)
フェイスブック
(Facebook)
メンテ用
(Admin)

since 2003/01/18

別宅

wash_046.jpg

ご自宅から会社までかなりの遠距離通勤で、
ちょっと残業になるともう帰宅困難って妻帯者の方が居らっしゃいます。
そんな時は仕方なくビジネスホテルにお泊りになられるしか無いのですが、
こちらの方の場合は別宅(彼女宅)をお持ちだそうで!
ご本人も公言されてます(笑)!
つづきはこちら

  1. 2018/10/11(Thu) 06:41:19|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

憂さ晴らし

alcohol-and-health.jpg

良く「憂さ晴らしをする」って言いますが、
考えてみると僕は別の行動で晴らしたくなるような「憂さ」って殆ど無いんですね。
悩みがあるとすればやりたい事が無いくらい?
経済力がないとかって悩みはもちろんありますよ(笑)!
つづきはこちら

  1. 2018/10/09(Tue) 07:00:09|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

記憶

memorize_960.jpg

極めて調子が良いもので、
僕は都合の悪い記憶は消える傾向にあるような気がします。
思い出さないようにしてるのでアタリマエなのでしょうかね?

でも実際には楽しい記憶も消えてるので、
必ずしも都合の悪い記憶だけではないんですかね?
特に「誰と」が消えます。
人に興味が無いのかな?


  1. 2018/10/05(Fri) 08:01:22|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

プレゼンテーションの極意

presentation.jpg

現在社会はプレゼンテーション能力は必須ですね。
様々なシーンで利用されています。
けれども思いばかりが詰まってしまい判り難い資料や内容が多いように感じます。
資料作成で気をつけるべきポイントはこんな感じなんでしょうか?
つづきはこちら

  1. 2018/10/04(Thu) 07:15:12|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

わがまま

80531032.jpg

わがままとは、
自分の主張ややり方を改めないことです。
自分は変わることなく目的を達そうとする、
ちょっと狡い対人コミュニケーションですね。
つづきはこちら

  1. 2018/09/16(Sun) 06:53:03|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

未知との遭遇?

021908.jpg

時々ですが関東方式(?)の話題に、
思い切り攻め込んでいらっしゃる方をお見掛け致します。
カテゴライズし過ぎるのも良く無いとは思いますが、
関西の方ですね。
つづきはこちら

  1. 2018/08/30(Thu) 06:24:17|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

パニック

panic_001.jpg

パニックを起こす人に、
「どうして?」と問いかけても意味がありません。
他の人が想像しえないような状況であっても、
そこには緊張しまくりの人もいるのは事実です。
つづきはこちら

  1. 2018/08/28(Tue) 06:45:22|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

ポジション

564970.jpg

様々なポジションの方々が、
ご自身のお立場から、
社会的影響力があると思しき発言をされます。
聞こうとせずとも耳に入ってしまう情報も。
つづきはこちら

  1. 2018/08/03(Fri) 06:52:56|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

デリカシー

delicacy.jpg

自分よりも立場が上の人に、
自分のことをネタにされたと知ったら。
気付かないトコロで嘲笑われていたと教えられたら、
悲しい気持ちになりますよね。
つづきはこちら

  1. 2018/08/02(Thu) 06:47:29|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

気遣いと顔色伺い

160816-1.jpg

「気遣い」とは「あれこれと気を配ること」ですね。
「顔色伺い」とは「機嫌を取ること」です。
「気遣い」としておきながら実は「顔色伺い」になっているケースが多々あります。
何が違うのでしょうか?
つづきはこちら

  1. 2018/07/15(Sun) 06:12:12|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

間合い

bushi_045.jpg

コミュニケーションってある程度は展開が読めるものです。
けれども全く想定通りには行かない、
まさに間合いから外れまくる会話をされる方が時々存在します。
そんな時は自分の中でちょっと仕切り直しですね。
つづきはこちら

  1. 2018/05/04(Fri) 06:15:31|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

呉越同舟

c0072466.jpg

争いとは自分の言い分を押し通そうとしたり、
他者に押し付けようとする場合に起こるものです。
自分とは異なる価値観の存在を認めた瞬間に、
衝突する必要は無くなります。
つづきはこちら

  1. 2018/04/21(Sat) 06:20:11|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

喜ぶ言葉

word_004.jpg

相手の反応を意識したコミュニケーションが嫌いです。
なので相手が喜ぶであろう言葉を発したり、
発せられたりするのは好きではありません。
仕事ではともかくプライベートですることはありません。
つづきはこちら

  1. 2018/04/01(Sun) 06:38:24|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

カントリーガール

ladies_169.jpg

慌ただしい都会の喧騒に揉みくちゃにされて、
疲れ切って息苦しくなって、
逃げ出したくなったり、
故郷を懐かしんだりすることがあるかも知れません。
つづきはこちら

  1. 2018/03/13(Tue) 06:46:20|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

言葉

delusion_023_20180220122557b4a.jpg

言葉の効力は永遠ではありません。
その時の思考や思いを発しただけです。
なのでその瞬間のみ有効ですね。
未来への確認にも約束にもなりません。
つづきはこちら

  1. 2018/02/24(Sat) 07:25:28|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

立てないから

delusion_025.jpg

立てないからと言って、
誰かが手を伸ばしてくれるのを自分から期待するものではありません。
ましてや周りに助けを乞うものでもありません。
つづきはこちら

  1. 2018/02/23(Fri) 06:45:34|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

みんなと一緒

animal_039.jpg

「みんなと一緒」ってのは、
社会生活を送る上での「鎧」ですよね。
変に目立つことが減るので、
周りから責められる事が少なくなります。
つづきはこちら

  1. 2018/02/02(Fri) 07:37:31|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

実るほど 頭を垂れる 稲穂かな

dansyu_020.jpg

卑屈とは批判から逃げる行為や姿勢です。
自分が攻撃されないために、
自分が傷付かないために、
必要以上にへりくだることです。
必要以上に自分を卑下することです。
つづきはこちら

  1. 2018/01/14(Sun) 06:00:39|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

管掌

setuna_002.jpg

干渉したくて仕方ない人っていますよね。
心配で仕方がないのかな?
つづきはこちら

  1. 2018/01/07(Sun) 07:06:39|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

事実を言われると

alcohol_019.jpg

「非難はしていない」
「事実を言っているだけ」
確かに正論です。
つづきはこちら

  1. 2017/12/28(Thu) 06:53:06|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

体調が悪い人

presenteeism_005.jpg

体調が悪いと訴える人が居たとします。
そこで心配と言う行為は無用ですね。
相対者が出来ることは一つだけです。
つづきはこちら

  1. 2017/12/26(Tue) 07:13:00|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

どう受け取ったか

vatican_960.jpg

「そんなつもりで言ってない」とか、
よく聞かれる言い回しです。
けれどもそこで慌てて説明するのは、
不誠実な言い訳でしかありません。
つづきはこちら

  1. 2017/12/10(Sun) 07:47:41|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

ハンガーストライキ

busi_024.jpg

「仕事が忙し過ぎて壊れる!」とか、
「もうこれ以上は出来ない!」とか、
よく聞かれる言い回しですね。
つづきはこちら

  1. 2017/12/07(Thu) 07:26:41|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

面接対策(その3)

dream_010.jpg

面接とは少し違いますが、
一定の時間を与えられて何かを論ずる課題を与えられることがあります。
その時間として10分が提示されたとします。
どうやって何を話せば良いのか。
ちょっと悩んでしまいますね。
つづきはこちら

  1. 2017/12/06(Wed) 06:54:56|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

面接対策(その2)

dream_005.jpg

「論理」とは「主張と理由の適切なつながり」です。
「論理的」とは「あることが適切な理由に基づいて主張されていること」です。
人に話をする時は、
先ずは自分の中でのこの理解が絶対です。
つづきはこちら

  1. 2017/12/05(Tue) 07:03:31|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

面接対策(その1)

dream_001.jpg

これからの季節は、
様々なシーンで面接などを受けられる方が増えるでしょう。
役に立つかどうかは判りませんが、
簡単な対策シリーズ(?)をお送りします。
つづきはこちら

  1. 2017/12/04(Mon) 06:51:45|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

皆がワタシを見てる

rect_66798918.jpg

何かを発すると、
自分のことだろうと、
過剰に反応する人がいます。
つづきはこちら

  1. 2017/11/29(Wed) 07:22:11|
  2. Communication
  3. | コメント:2
  4. | Edit

振り上げた拳

gun_lady_031.jpg

身勝手なプライドの高さからなのか、
振り上げた拳を下せない人って居ます。
傍から見ていて何の意地を張っているのだろうくらいしか見えないのに、
当人にとっては人生をかけた一大事になっていて。
つづきはこちら

  1. 2017/11/15(Wed) 07:07:05|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

人生の転機

old_and_young_001.jpg

僕とほぼ同世代で未婚独身の男性の知り合いがいます。
同性から見たら性格の良い奴なのですが、
本人曰く「タイミングを逃して」独身生活を謳歌していました。
そんな彼が数年前に勤め先の異動でベトナム赴任となりました。
独り身なので住まいもクルマも全部処分して。
つづきはこちら

  1. 2017/11/09(Thu) 06:28:33|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit

天性の女ったらし?

17041911top.jpg

僕の勤め先の会社に、
女性との接し方に極めて長けた方が居らっしゃいます。
僕と同世代の方なのですが、
気難しいベテラン女性社員に対しても接し方がとてもスマートで。
見習わなければですね。
つづきはこちら

  1. 2017/10/14(Sat) 00:20:30|
  2. Communication
  3. | コメント:0
  4. | Edit
次のページ